iPhone 13・13 miniのカラーバリエーションが確定? 新色含め計6色とのウワサ

2021年9月に発表・発売が噂されているせいもあってか、「iPhone 13(仮称)」の情報が一気に出回り始めた。今度のリーク情報は「iPhone 13の本体カラー」についてだ。かねて噂されていた新色が追加されていたり、逆にiPhone 12で存在していたカラーがなくなっていたりと、示唆に富んでいる内容だ。

今回は、本体カラーをはじめどんどん具体的になってくる、その存在感が目前にまで迫ってきているようなiPhone 13についてお伝えしていきたい。

iPhone 13、カラバリは6種類か

(Image:gab.com)

iPhone 12発売から時がたち、また新作発表の時期を迎えた

 中国メディアのMyDriversは、Michael Ma氏が8月27日に投稿したツイートを紹介し、iPhone 13および「iPhone 13 mini(仮称)」の本体カラーは6色になるという予想を伝えた。さらに本体カラーのラインナップは、「ブラック」「ホワイト」「PRODUCT(RED)」「コーラル」「イエローグリーン」「パープル」であるとしている。パープルといえば、「iPhone 12」シリーズでは2021年4月に追加投入されたカラーだ。もしかすると4月の売れ行きが好調だったこともあって、初期のラインナップから加えられたのかもしれない。また、コーラルはこれまでも登場の噂のあった「オレンジ」ではないか、という見方もある。

 一方でiPhone 12にあった「ブルー」「グリーン」といった寒色系は、iPhone 13では見送られたようだ。それらの色が気に入っていた人がいたならば、ケースやカバーで我慢するしかないのかもしれない。

iPhone 13 Proシリーズは1TBモデルも登場?

(Image:Woraphong Suphutayothin / Shutterstock.com)

ハイスペックなProシリーズはお値段もハイだ

 また、「iPhone 13 Pro」シリーズは上記のiPhone 13とは別で「マットブラック」「シルバー」「サンセットゴールド」「ローズゴールド」の4色になる、というリーク情報も過去に伝えられている。カラフルなiPhone 13シリーズと、高級感あふれるProシリーズという差別化が図られているようだ。

 その他にも「Proシリーズでは最大1TBのストレージを選べるようになり、1TB の機種では20万円を超える」など、恐ろしく具体的な本体価格のリーク情報も散見される。20万円のスマホとなると、カメラなどの性能に特化したプロ仕様モデルや近年進化が進む折りたたみスマホなどと同等レベル。筆者のように10万円でも「高い!」と思ってしまうユーザーにはとても手が出せないものになるかもしれない。

 しかし1TB…。スマホをあまり使いこなしているとは言い難い筆者からすると、どんな使い方をすればそれだけの容量が必要になるのだろうか…?想像もつかない。

 (情報の真偽は不明だが)本体カラーやスペックといった具体的な情報が見えてきたことで、「iPhone 13が発売されたらどれを買おうかな」という、ファンにとっては楽しい時間が始まったとも言えるだろう。
 あとはアップルの正式発表を待つばかりだ。1日も早い発表・発売を心待ちにしていよう。

参照元:iPhone13/13 miniの本体カラーは6色、新色イエローグリーンが追加?【iPhone Mania

※サムネイル画像(Image:news.mydrivers.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhone 13・13 miniのカラーバリエーションが確定? 新色含め計6色とのウワサのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 13 miniiPhone13iPhone13 Pro】の最新ニュースをいち早くお届けします。