ネトフリがプレステと連携しゲーム市場進出? 成長鈍化のゲームチェンジャーとなるか!?

動画配信サービス最大手のNetflixは2021年7月に行った4~6月期の決算報告の際、ゲーム事業へ新規参入することを公表した。コロナ禍によって新規加入者が激増した「コロナ特需」が過ぎ去った動画サービス市場。成長速度の鈍化を巻き返す新たな一手となるのだろうか。また、プレイステーションとの連携も噂されるが、その真相やいかに!?

ゲーム市場参入はNetflixの活路となるか?

(Image:WeDesing / Shutterstock.com)

Netflixの共同創業者であるリード・ヘイスティングス氏はこれまで、顧客獲得競争で最大のライバルはビデオゲームだと語ってきた

 おうち時間が長期化したことで好調の動画配信サービス。Netflixも、もちろんその例外ではなかった。しかし、その好調にもかげりが見えてきている。Netflix の2021年第2四半期決算報告によると、売上高は約73億ドル(約8,000億円)で成長率は19.4%だった。一見問題ないように思えるが、前年同時期の24.9%と比較すると明らかに鈍化している。また、主力の米国・カナダ市場における会員数は、マイナス43万人で、累計会員数は2021年1~3月期の7,438万人から7,395万人に下落しているのが現状だ。

 そんなNetflixが、同決算報告内で新たにゲーム事業を手がけることを公表した。これにより、新規顧客の呼び込みを図るとともに、ユーザーをより長くプラットフォームに留めておきたい考えだろう。現状明らかになっているのは、まずはモバイルデバイスで、現在の会員に無料でゲームを配信していくということのみ。内容や開始日などの詳細は不明なため、この公表に関して多くの噂と臆測が飛び交う結果となっている。

ネトフリがプレステと連携しゲーム市場進出? 成長鈍化のゲームチェンジャーとなるか!?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフNetflixPlayStationSONY】の最新ニュースをいち早くお届けします。