お金がなくてもAndroidスマホではなくiPhoneを買うべき理由とは?

読者のみなさんは、どんなスマートフォンを使用しているだろうか。日本では基本的に「iPhoneかAndroidスマホ」のどちらかの人がほとんどで、中でもiPhoneが6~7割を占めているとも言われている。果たしてiPhoneとAndroidスマホ、どちらを買ったほうがよりメリットがあるのだろうか。そんな永遠の命題に、ひとつの解が投じられたのでご紹介していきたい。

「iPhoneを選ぶべき理由」が紹介される

(Image:Rokas Tenys / Shutterstock.com)

AndroidスマホはiPhoneよりも品質面で劣り、中古相場が下落しやすく4年で価値がなくなるとも伝えている

 非iPhoneユーザーの中には「iPhoneは高い」という認識も広まっているのではないだろうか。事実、アップルの公式ホームページで「iPhone 12」を見ると、その値段は最小の64GBで「94,380円」(2021年8月31日現在、以下同)。256GBのモデルであれば111,980円と10万円オーバーだ。最上位モデルとなる「iPhone 12 Pro Max」となると、128GBで129,580円、512GBであれば165,880円にまで跳ね上がる。これでは高いと思われていても仕方がないのかもしれない。

 しかし中国メディア・MyDriversではチェン・チ氏が「お金がなくてもAndroidスマホではなくiPhoneを買うべき」と主張しているという。曰く、スマホなど家電製品を選ぶ場合に重要なのは「品質」であると持論を展開。長期に渡る使用を前提とした場合には、AndroidスマホはiPhoneよりも品質面で劣るという。

 その根拠として示されたのが中古スマホ売買サイトの機種別の相場だ。中古スマホが取り扱われるBankMyCellのデータを調査すると、AndroidスマホはiPhoneよりも相場が下落しやすいことが判明。特に安価なAndroidスマホだと約4年でほぼ価値がなくなってしまうという。

 売買するにしても下取りに出すにしても、価値がなければ引き取ってもらうことは難しくなる。その意味でも、価値が目減りしづらいiPhoneを買うべきである。ということなのだろう。

お金がなくてもAndroidスマホではなくiPhoneを買うべき理由とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。