50代世帯「貯蓄額」みんなどのくらいある? 借入金の平均値は729万円という結果に

みなさんはどれくらい貯蓄しているだろうか。「今は働いているから大丈夫」と現在の貯蓄額で不便を感じていないかもしれないが、貯蓄はいざというときにこそ必要となってくるもの。リタイア後の老後生活では、年金以外の生活費を貯蓄で賄わなければならない。50代になれば、自然と老後のための貯蓄を意識しだすだろう。今回は、金融広報中央委員会が行った「令和2年 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」をもとに、老後が気になる50代の貯蓄事情を伝える。

50代貯蓄額の目安は800万円!?

金融資産保有額の中央値は800万円、2,000万円以上の金融資産保有率は24.6%にのぼる

 同調査によると、金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)の平均値は1,684万円、中央値は800万円となった。年収が数億にもなる億万長者や逆に極端に低い世帯のような、極端な数値に影響を受けやすい平均値に比べ、数値を順に並べて真ん中に位置する中央値の方がリアルな50代の金額といえるだろう。平均値と中央値だけでもかなりの差が開き、世帯によって貯蓄額に格差があることが伺える。

 詳しく見てみると、金融資産を保有していない世帯を含む50代・二人以上世帯の金融資産保有額では、1,000万円~1,500万円未満と回答した人は、全体の11.7%を占め、最多となった。さらに「金融資産非保有」いわゆる貯蓄ゼロ世帯は回答者のうち13.3%。一方、3,000万円以上の人は13.8%を占めている。2,000~3,000万円未満の貯蓄がある10.8%とあわせると、2,000万円以上の金融資産保有がある人は24.6%にものぼることが分かった。

50代世帯「貯蓄額」みんなどのくらいある? 借入金の平均値は729万円という結果にのページです。オトナライフは、【マネー世帯年収老後2000万円老後資金貯蓄額】の最新ニュースをいち早くお届けします。