楽天ポイントが累計発行2.5兆ポイントを突破。驚異的なスピードで貯まるワケは?

楽天市場でのお買い物や楽天カードの利用だけでなく、さまざまな加盟店で貯めて・使える楽天ポイント。その勢いは留まることを知らず、楽天グループ株式会社の発表によると、2020年9月に2兆ポイント、つまり2兆円相当の累計発行ポイントを達成。それからわずか1年足らずという過去最短ペースで、さらに5,000億ポイントの発行を達成。累計で2兆5,000億ポイントの発行という偉業を成し遂げたという。

確かに、他のポイントプログラムとはけた違いのスピードでザクザク貯まる

こんなに還元してもらっていいんですか?と二度見するほどのポイントバックがあることも(画像:楽天グループリリースより引用)

 楽天ポイント発行数増加の背景には、原点である「楽天市場」のユーザー利用が継続的に拡大していることにある。それに加えて「お買い物マラソン」や「楽天スーパーSALE」など、さまざまなポイントが貯まりやすいキャンペーン実施回数の増加の影響も大きい。筆者は楽天市場ヘビーユーザーだが、確かに楽天市場を使っていて「あれ、この間お買い物マラソンが終わったばかりなのに、またお買い物マラソン!?」と、そのハイペースなキャンペーンの開催ぶりに驚くことが増えた。

 また、楽天銀行や楽天でんきなど、楽天の他サービスを組み合わせて使うことで楽天市場におけるポイント倍率が上がる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の利用者も増えたという。また、インパクトのあるCMでお馴染みの「楽天モバイル」での多様なキャンペーンなど、他社のポイントプログラムを圧倒するペースで、ポイントが文字通りザクザク貯まっていく。そんなサービスをうまく利用すれば、1000ポイント、2000ポイント貯めるのなんてあっという間だ。

楽天ポイントが累計発行2.5兆ポイントを突破。驚異的なスピードで貯まるワケは?のページです。オトナライフは、【マネー楽天楽天SPU楽天ペイ楽天ポイント楽天ポイントクラブ楽天ポイント運用楽天市場】の最新ニュースをいち早くお届けします。