22年卒が選ぶ人気企業ランキング、5位博報堂、4位任天堂、3位大和証券、2位日本生命、1位は?

2021年3月から採用情報が解禁され、6月からは選考が始まっている2022年春卒業予定の就活生。オンラインでの面接など、先輩たちとは異なる就職活動に苦労する場面も多くあることが予想される。今回は、就職サイト「ブンナビ!」が2022年卒の大学生や大学院生1万1,000人を対象に実施した調査をもとに、コロナ禍での就職活動を経験した学生が選ぶ人気企業トップ10を発表する。

ライフスタイルの変化にあわせ、業績が伸びそうな企業がランクイン

オンラインよりも表情や熱意が伝わる対面の面接を希望する人も

 同調査は、前半・後半に分けて実施され、今回紹介するのは後半の結果だ。3月中旬から6月末に調査が行われた後半期間は、選考へのエントリーや履歴書提出、面接など実践的な就職活動も多く、就活生のリアルな視点が企業選びに影響する。先輩たちとは異なる就職活動を経験した学生は、どのような視点で企業選びを行ったのだろうか。それではさっそくランキングを見ていこう。

 まずは10位から4位まで。10位「東京海上日動火災保険」、9位「大日本印刷」、8位「損害保険ジャパン」、7位「三菱商事」、6位「明治グループ」、5位「博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ」、4位「任天堂」と、ここ数年のライフスタイルの変化に伴い、業績が伸びていきそうな企業が多くランクインした。特に4位の任天堂は、前半ランキングの70位から大躍進。リスクモンスター株式会社が発表している「金持ち企業ランキング」で2年連続の1位となる健全な経営力や、おうち時間の拡大に伴い需要が高まったゲームコンテンツを開発している点も無関係ではなさそうだ。

22年卒が選ぶ人気企業ランキング、5位博報堂、4位任天堂、3位大和証券、2位日本生命、1位は?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスランキング人気企業任天堂伊藤忠商事博報堂大和証券就職日本生命】の最新ニュースをいち早くお届けします。