iPhoneでテザリングができない時の5つ原因と対処法

iPhoneでテザリングを利用すると、キャリアで契約をしていないWi-Fi環境のみで利用する端末も場所を問わずに利用できます。そんな便利なテザリングですが、さまざまな原因から利用できない状況になってしまうこともあります。

そこで今回この記事では、iPhoneのテザリングができない時に考えられる原因と対処法を紹介します。焦って、無駄な時間を使うことなくストレスなくテザリングができない状況を解消しましょう。

iPhoneで使えるデザリングとは?

(Image:Bloomicon / Shutterstock.com)

 テザリングは、簡単に説明するとルーターの仕事をしてくれるサービスです。携帯キャリアでルーターを購入すると、Wi-Fiを飛ばすことができます。そこでルーターと接続した機器はWi-Fi環境の中で、通信することができます。テザリングも同様の仕組みになっており、iPhoneそのものがルーター代わりになり、近くにある機器はiPhoneで設定しているパスワードを入力することでネットやアプリ、動画視聴が可能になります。

iphoneでテザリングできない5つの原因

(Image:brunocoelho / Shutterstock.com)

 テザリングの設定方法はとても簡単です。一度、iPhoneと接続すると2回目以降はパスワードの入力なしで、iPhone側が許可ボタンをタップするだけで利用可能です。ただし、注意しておくべきことはiPhoneも接続する機器も精密機器であるということです。突然の不具合はつきものですし、端末によっては当たり外れもあります。テザリングを利用したいのにできないという事態も珍しくはありません。大事なことは考えられる原因を理解しておくことです。

 全く意味のない方法で改善しようとしても、時間を無駄にするだけになってしまいますので、iPhoneのテザリングができない原因についても知っておくと早期に正しい対処ができます。

キャリアで契約していない

 iPhoneがテザリングできない原因の一つにキャリアでテザリングの契約をしていないということが考えられます。ただ、この原因に関して元携帯電話スタッフとしての見解は、あまりこの原因によってテザリングができないという状況になることは考えにくいです。大手3社、どのキャリアもプランによりますがテザリングは無料で利用できます。テザリングはオプションの一つで、無料のオプションは大半のスタッフは契約時に加入させています。オプション加入率というのもノルマだったりするので、無料で利用できるテザリングは大半の場合、加入しているはずです。

 また、テザリングが有料になるプランというのは昔のプランに多く、機種変更など行う場合はテザリング無料の新プランへの変更が必須になることが一般的です。それでもキャリアで契約していないというのであれば、申し込み時に断っているか、もしくはスタッフの申し込み漏れの可能性があります。絶対ではありませんが、あなたの契約状況をチャックして、もしテザリング未加入の場合はネットでの申し込みも可能ですので、サービスに加入しましょう。

テザリングの設定ができていない

 テザリングは加入したら、自動的に利用できるわけではありません。テザリングするにはiPhone側で設定をする必要があり、この時接続を許可する端末に入力するパスワードなのも設定します。テザリングができない時、一度iPhone端末内のテザリング設定を確認してください。

テザリングの設定方法

(Image:softbank.jp)

1. ホーム画面から「設定」を押し、Wi-FiもしくはBluetoothをオンにする
2. 設定の「インターネット共有」を選択する
3. 画面一番上にある「インターネット共有」のオン・オフ切り替えをオンにする
4. 画面中段にある「Wi-Fiのパスワード」をネットに接続したい機器側で入力する
5. iPhoneに接続許可の通知が来るので「許可」をタップ

 テザリングの設定をすることで、接続時に毎回パスワードの入力は不要になり、それぞれの端末ワンステップで快適にテザリングが利用できます。

OSが最新にアップデートされていない

 iPhoneでは、サービス品質向上のために本体のアップデートが定期的に必要になります。テザリングができなくなった時に、OSのバージョンが原因になることもあります。以前はアップデートしたことで逆に不具合が起きることもありましたが、最近はアップデート時の問題も減っていますので、もしテザリングができない時、しっかりバックアップを取りながらバージョンのアップデートをしてみてください。

電波障害が起きている

 元携帯電話スタッフが、原因の一つと考える要因に「電波障害」を挙げておきます。電波障害は突然起こるもので、原因の解明までも少々時間を要します。目に見えるものではないので原因として考えにくいのですが、実際にスタッフとして働いている時、電波障害が起こりそうにないエリアのお客さまからの問い合わせもありました。そこで専用の窓口に確認するのですが、窓口も問い合わせを受けた確認作業に入ります。お客さまからの問い合わせで電波障害が起きていることが発覚することもあったので、電波障害によって通信環境そのものが乱れていることもあります。よくあることではありませんが、iPhoneのテザリングができない時に考えられる一つの原因として頭に入れておくといいでしょう。

iPhoneの不具合

 テザリングに加入していて、設定も問題ない、バージョンも最新で電波障害も起きていない時。そんな時は少し面倒ですが、iPhoneの故障が考えられます。端末そのものが故障している場合は、設定を変えてもバージョンをアップグレードしても改善されません。iPhoneの修理は少し面倒に感じますが、キャリアで加入している保険があれば安く交換は可能です。AppleCareに加入している方は、お近くのApple Storeで交換も可能です。少々時間は必要になりますが、iPhoneでテザリングできない原因を解消してもテザリングできない時は店舗、もしくはApple Storeに問い合わせてください。

iPhoneのテザリング設定の改善方法

 iPhoneでテザリングができない時、まずは考えられる原因を解消してください。

●キャリアでテザリングの契約をする
●テザリングの設定をする
●バージョンをアップデートする

 iPhoneでできる対処法ですので、まずは原因を解消しましょう。それでも解消できない時は、一度試して欲しいおすすめのお役立ち解消法をいくつかありますので紹介します。

iPhoneを再起動する

 精密機器でもあるiPhoneですので、一度リセットすることで正常に起動してくれるケースは珍しくありません。しかし、リセットとなると万が一のリスクを伴います。そこでおすすめしたいのが、iPhoneの再起動です。動作の動きが遅い時、音量ボタンが機能しない時など、iPhoneの再起動で改善できることはよくあります。ぜひ一度、お試しください。

開いているアプリを消す

 iPhoneの中で、バックグラウンドで立ち上がった状態のアプリがあれば、一度すべてのアプリを閉じてください。iPhoneの中で起動している動作が多いと、正常にiPhoneが起動できないこともあります。Safariで開いているタブが多い場合も、不要なものは一度閉じてください。なるべく負荷を軽くすることで、iPhoneが正常に起動し、テザリングがスムーズに利用できることもあります。

接続したい端末の設定や環境を整える

 見落としがちですが、親機となるiPhoneではなく、接続したい端末に原因があることもあります。iPhoneで必要になる原因の解消法を、接続したい端末でも同様に行ってください。それぞれの環境を整えることで、問題が解消されることもあります。

まとめ

(Image:Framesira / Shutterstock.com)

 iPhoneでテザリングを利用すると、複数の端末が快適に利用できます。しかし、iPhoneは精密機器でもあり時に不具合は起こるものです。その時、必要な対処法を取りれることができたら早期に解消できます。実はテザリングできない時に考えられる原因は多く、必要になる対処法も異なります。改善できる原因があっても無駄にiPhoneそのものを交換することのないように、テザリングできない原因と解消法を試してみてください。

※サムネイル画像(Image:Bloomicon / Shutterstock.com)

iPhoneでテザリングができない時の5つ原因と対処法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneテザリング】の最新ニュースをいち早くお届けします。