人口10万人あたりの都道府県カレー専門店数ランキング、3位は北海道、2位は東京都、では1位は?

家庭で食べられているルーカレーから、スパイスカレー、スープカレーなど、計り知れないほどの種類や味付けがあるカレー。様々なカレー屋が近所にあるだろう。地域によっては、カレー屋がそこかしこに並ぶ“カレーの聖地”などもあるくらいだ。では、地域によってカレー屋の店舗数にどれだけの格差はあるのだろうか。

今回は、ねとらぼ調査隊が47都道府県を対象に調べた、人口10万人におけるカレー専門店数ランキングを紹介しよう。

3位、2位ともに、カレーの街がある都道府県がランクイン!

スープカレーは札幌市のソウルフードらしい

 第3位は、「北海道」で人口10万人あたり6.08軒となった。北海道といえば、札幌市のご当地カレーであるスープカレーが有名だ。スープカレーは札幌が発祥の地ともいわれ、市内にはスープカレーを提供する店が200軒以上存在しているとのこと。小麦粉を使ったとろみのあるルーカレーとは異なり、スパイスの香りや刺激、辛みのきいたスープ、大ぶりの具が特徴。とにかく寒い冬の北海道では、辛いスープが体を温めてくれると人気なのだろう。

 第2位は、「東京都」6.18軒。東京には札幌のようなご当地カレーと呼ばれるようなカレーはないが、全国・世界からカレーが集まってくる。そのため店舗数は他を圧倒する869軒。店舗数2位の大阪府367軒と比べると圧倒的な店舗数をほこっていることがわかる。東京でカレーを連想する街といえば、神保町が思い浮かぶ読者も多いのでは。そのルーツは、本屋が立ち並ぶ神保町では、買ったばかりの本を片手に食べるのに、カレーがぴったりだったという説があり、カレー店がたくさんあるようだ。

人口10万人あたりの都道府県カレー専門店数ランキング、3位は北海道、2位は東京都、では1位は?のページです。オトナライフは、【グルメカレーランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。