人口10万人あたりの都道府県カレー専門店数ランキング、3位は北海道、2位は東京都、では1位は?

1位は、濃厚な味わいの黒いカレーで有名なあの街!

金沢カレーは、キャベツが濃厚な味わいを中和してくれるため、くどく感じない

 第1位は「石川県」の8.47軒で、東京を大きく引き離しての栄誉となった。石川県のカレーといえば、金沢市のご当地カレーである「金沢カレー」が有名だ。黒に近いドロッと濃厚なルーに、千切りキャベツが組み合わさっているのが特徴。さらに、トッピングも様々で、定番のチキンカツやウインナー、納豆やクリームコロッケなど、自分好みにアレンジして楽しめるのが人気なのだろう。

 4位以下は次のような結果に。4位「岡山県」4.71軒、5位「富山県」4.64軒、6位「沖縄県」4.22軒、7位「大分県」4.18軒、8位「福岡県」4.16軒、9位「大阪府」4.15軒、10位「長崎県」4.11軒。岡山県は白桃を使った「岡山カレー」、富山県は煮干しを使った「氷見カレー」など、ご当地カレーがあるところは店舗数も多いようだ。氷見カレーに関しては、カップヌードルとNBAプレイヤー・八村塁がコラボした商品も話題だ。その人気にあやかって今後店舗数が拡大する可能性も考えられるだろう。

 ちなみに47都道府県の中で最も少なかったのは「秋田県」で、人口10万人あたりわずか1.56軒。47位の秋田県をはじめ、40位以降の5県がランクインするなど東北はどの県も少ないようだ。北海道や石川同様に、寒い地域のはずだが、なぜカレー店が少ないのだろう。疑問が残る結果になった。

出典元:【都道府県】人口10万人あたりのカレー専門店数ランキングTOP47! 1位は「石川県」!【2021年版】【ねとらぼ調査隊】
●チャンピオンカレー(公式)は→こちら

※サムネイル画像Image:チャンピオンカレー公式サイトより引用

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

人口10万人あたりの都道府県カレー専門店数ランキング、3位は北海道、2位は東京都、では1位は?のページです。オトナライフは、【グルメカレーランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。