Windows 11アップグレード対象が公式発表も15機種にとどまる、いったいどのPCなら動く?

10月5日の一般リリースに向けて、日増しに世間の注目度が高まってきている「Windows 11」。PCファンであれば6月の発表以降に同OSが振りまいてきた様々な情報に耳を傾けてきていることだろう。しかしそんなWindows 11で最も話題となっているのは、おそらく「どのPCなら動くのか」という話題ではないだろうか。

今回は、難解なWindows 11のアップグレード対象についてお伝えしていきたい。

Windows 11の対応機種、わずか15機種!?

(Image:rawf8 / Shutterstock.com)

ビジネスシーンでPCを使うサラリーマンにはWindowsは欠かせない

 Windowsを開発するマイクロソフトは現地時間8月31日、ブログ上で「Windows 11は10月5日に利用可能になります(Windows 11 available on October 5)」と題した記事を公開した。記事の中では、各種PCメーカーが販売しているPCのうち、Windows 11へとアップグレード可能な機種が発表されている。

 それによれば

「Acer Swift 5」
「Acer Swift X」
「Asus Zenbook Flip 13 OLED」
「Asus Zenbook 14」
「Alienware x15」
「Alienware x17」
「Dell XPS 13」
「HP Spectre x360 14」
「HP ENVY x360 15」
「Lenovo Yoga 7」
「Lenovo Yoga Slim 7i Pro」
「Samsung Galaxy Book Pro」
「Samsung Galaxy Book Pro 360」
「Surface Pro 7」
「Surface Laptop 4」

の15機種が紹介されている。少なくともこの15機種は、現段階でWindows 11へのアップデートが可能だということになる。(極端なパーツの入れ替えなどがあった場合はその限りではないだろうが…)マイクロソフト製品であるSurfaceも2機種のみが該当しているという事実は意外と言わざるを得ないのかもしれない。

Windows 11アップグレード対象が公式発表も15機種にとどまる、いったいどのPCなら動く?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindowsWindows 11アップグレード】の最新ニュースをいち早くお届けします。