「+メッセージ」LINEを一方的にライバル視? 格安スマホに利用拡大も、伴わないユーザーの声

大手3キャリアが提供する「+メッセージ」が格安スマホにもサービスを拡大する。メッセージの送受信だけでなく、実は「LINE」と同じようにスタンプや企業アカウントなども存在しているが利用者からは「求めていない」という声も。「打倒LINE」という壮大な目標を掲げてはいるものの、厳しい立場に置かれている。

サービス拡大で巻き返しを図る「+メッセージ」

大手3キャリアが押すメッセージサービスだが…?

 SMS(ショートメッセージサービス)の進化版として規模を拡大している+メッセージが、9月からサービスの対象を拡大した。もともとドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアが合同で提供していたものだが、UQモバイルやpovoをはじめとしたサブブランド・格安スマホでも利用が可能になる。ただし対象となるユーザーがサービスを利用するには、Google PlayやApp Storeからアプリをダウンロードすることが必要だ。

 2018年にスタートした+メッセージは、電話番号と紐付けをしてアプリ上でメッセージや画像などをやりとりできるLINEのような立ち位置を目指したサービスだ。しかし、時をほぼ同じくして設立された楽天モバイルとの互換性はなくサービスは3キャリアに限定されたもの。ここ数年で格安スマホに鞍替えする利用者も多くユーザー数が頭打ちになる未来は目に見えており、サービスの方向転換が必要だったのだろう。

「+メッセージ」LINEを一方的にライバル視? 格安スマホに利用拡大も、伴わないユーザーの声のページです。オトナライフは、【SNS+メッセージauLINENTTドコモSMSサブブランドソフトバンク】の最新ニュースをいち早くお届けします。