LINEがきっかけで「冷めた経験」がある女性は6割超、悪影響を与えてしまう内容・文面とは?

メールよりも電話よりも手軽にメッセージが送れ、もはや不可欠なライフラインのひとつと言っても過言ではない存在となったLINE。当然カップル間でもメッセージのやり取りは頻繁に行われているが、そこに実は思わぬ落とし穴があるようだ。

婚活事業を複合展開する株式会社・IBJが結婚相談所ネットワーク「⽇本結婚相談所連盟」に登録する1,875人を対象に実施した調査によると、「LINEがきっかけでお相手に冷めたことがある」と答えた女性が想像以上に多かったのである。100年の恋も冷める、そのLINEとはどんなものだろうか。襟を正してみていこう。

まずは好印象なLINE内容についてご紹介。ちょっと意外な内容が上位に

何気ない内容は恋人“だ・か・ら”好ましい、ということはぜひ覚えておきたい(IBJ調べ)

 男女ともに、好印象を受けるLINEの内容第1位は「何気ない内容」。女性は第2位に「お誘い等用件」、続いて第3位に「おはよう等の挨拶」という結果に。大した用がなくてもLINEできたり、「おはよう」「おやすみ」などを気兼ねなく言い合えるのは、まさに恋人の特権だからか。

 また、男女ともに絵文字付きのメッセージが好まれるのは、絵文字ナシではニュアンスが伝わらず、妙な誤解を生んでしまってこじれてしまうとややこしい、という可能性もあるからかも?

 とはいえ注意したいのは、この結果は大前提が「恋人からのLINE」であることだ。気になる相手にも何気ない内容のメッセージを送ったり、おはようLINEを毎日送ったりするのは、少々リスクが伴う可能性があることをお伝えしておく。

 続いて、恋を実らせるツールとして欠かせないLINEが、恋の幕引きとなってしまうことにもつながりかねない、背筋がゾクッとする調査結果を紹介していこう。

LINEがきっかけで「冷めた経験」がある女性は6割超、悪影響を与えてしまう内容・文面とは?のページです。オトナライフは、【SNSLINE】の最新ニュースをいち早くお届けします。