「キャッシュレスは、使いすぎる」は誤解? 現金派より預貯金が多いことが判明!

あなたはいつもどれくらい現金を持ち歩いているだろうか。近頃では買い物や光熱費などの支払いは全て「キャッシュレス決済」という人も少なくないだろう。PayPay銀行が実施した「コロナ禍のキャッシュレス決済利用と預貯金」に関する調査によると、財布を持たずにスマホやカードだけを持って外出する人も増えているという。今回は、そんなキャッシュレス決済の動向について詳しく紹介する。

約60%がキャッシュレス決済を支持

家計簿アプリなどと連携し使った金額を把握できる便利な点もキャッシュレス決済の魅力(PayPay銀行調べ)

 買い物や食事でのキャッシュレス決済に関する項目では、「キャッシュレス決済を行うことがある」と回答した人が80.5%を占める結果に。さらに、「主に使用する決済方法」では59.5%が「キャッシュレス」と回答した。また、「財布を持たずにスマホやカードだけを持って出かけることがあるか」という問いでは、43.0%の人が「ある」と回答。2019年の「はい」と回答した30.0%と比べて13ポイントも増加している。

 キャッシュレス決済サービスを提供する各社は、ポイント還元キャンペーンや、お得に買い物ができるクーポンの配布など、独自のサービスを展開している。例えば、 9月1日から30日までの期間、家電量販店などの対象店舗で行われる PayPayの「ペイペイジャンボ」では、買い物額のうち最大全額(付与上限10万円)が PayPayボーナスとして付与されるクジ引きにチャレンジできるキャンペーンも実施されるという。

 キャッシュレス決済を積極的に導入するコンビニや飲食店なども格段に増えており、今や現金支払いのみという店舗の方が少ないほどだ。キャッシュレス決済の導入や、新規ユーザーの獲得を狙ったお得なキャンペーンがキャッシュレス決済の浸透を後押ししているようだ。

「キャッシュレスは、使いすぎる」は誤解? 現金派より預貯金が多いことが判明!のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス現金決済】の最新ニュースをいち早くお届けします。