なぜ「iPhone 8」「iPhone 7」が中古スマホ市場で人気があるのか?

iPhoneシリーズの新作「iPhone 13(仮称)」の発表が近いのではないかとウワサされ、世のiPhoneユーザーは今か今かと待ちわびている状態。そんな中、実は中古スマホ市場をにぎわせているiPhoneがあり、そのモデルというのが「iPhone 8」や「iPhone 7」だというのだ。なぜ比較的新しい機種よりも2017年発売のiPhone 8以前が人気となっているのだろうか。

今回、ゲオストアが調査した「2021年ゲオ上半期中古スマートフォン販売・買取数量ランキング」の結果から、売れているスマホと、その理由を紹介しよう。

iPhoneシリーズの人気の高さがうかがえる結果に!

(Image:Chikena / Shutterstock.com)

販売ニーズが高いということは、買取額もそれなりの値段か?

 まずは中古スマートフォン販売数量のトップ10をみていこう。1位「iPhone 8 au」、2位「iPhone 8 ソフトバンク」、3位「iPhone 8 ドコモ」と、トップ3をiPhone 8が独占。さらにそれ以降でも、4位「iPhone 7 au」、5位「iPhone 7 ドコモ」、6位「iPhone 7 ソフトバンク」、7位「iPhone 6s ドコモ」、8位「iPhone X ドコモ」、9位「iPhone 6s ソフトバンク」、10「iPhone 8 SIMフリー」と続いている。ちなみにこのランキングはAndroidスマホを含めたもの。日本国内のiPhoneの人気ぶりをうかがわせる結果とも言えそうだ。

 このランキングの中で最も新しい機種が2017年11月に登場したiPhone Xと、トップ10すべてが2017年より前の機種。iPhone 6sにいたっては2015年の発売だ。

 バッテリーの寿命が改善し長期間の利用が増えてきている近年だが、なぜこれほど過去の機種に人気が集中しているのだろうか…。

なぜ「iPhone 8」「iPhone 7」が中古スマホ市場で人気があるのか?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhone 7iPhone 8中古スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。