首都圏の単身者が選んだ住みたい街ランキング、2位の新宿に差をつけて1位に輝いたのは…

地方在住者が思い描く首都圏と、首都圏に住んでみて知る首都圏の姿は案外違ったりもする。憧れだったあの街も、実は交通の便が悪かったり、無駄に物価が高かったり……。結局、何度か足を運んでみないと内部事情はわからないものだ。今回は、「首都圏に住む単身者が住みたい街ランキング」をご紹介する。

これから首都圏での生活を始めようと思っている人は、参考にしてみるといいかもしれない。

首都圏に住む単身者が住みたい街ランキング、同率4位は池袋と恵比寿

(Image:Takamex / Shutterstock.com)

響きも素敵な恵比寿。「恵比寿に住んでいる」なんて言ってみたいものだ

 首都圏で「ガーラマンションシリーズ」を展開しているエフ・ジェー・ネクストは、首都圏で一人暮らしをする未婚の20~30代男女2,000人を対象にアンケート調査を実施。本記事では、「今、住みたい街はどこですか?」という質問で、より多くの票が集まったTOP5を紹介していく。

 同率4位にランクインしたのは、「池袋」と「恵比寿」。長らく“埼玉の植民地”と揶揄され続けてきた池袋だが、近年では再開発が進んだこともありすっかり品の良い街に。とにかく交通アクセスが良好で、JRや東京メトロなど4社8路線が乗り入れており、どこへでも行けてしまうのも人気の理由のひとつだろう。

 一方で昔から憧れの街として認知される恵比寿。家賃相場は高めだが、飲食店は充実しているし、恵比寿横丁をはじめ出会いスポットが多い街としても知られている。金銭的に余裕のある人は、なかなか楽しい暮らしが送れる街であろう。

首都圏の単身者が選んだ住みたい街ランキング、2位の新宿に差をつけて1位に輝いたのは…のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング住みたい街吉祥寺恵比寿新宿横浜池袋】の最新ニュースをいち早くお届けします。