知ってた?「住信SBIネット銀行」は複数口座を作ることが可能だって! 最大1人10口座まで

日本では休眠口座や金融犯罪防止の観点から、銀行口座は1人1口座しか持てないようになっている。しかし、銀行口座は「貯金用」「生活費用」「投資資金用」など、複数の口座に分けておいたほうが何かと便利だ。そんなときは「住信SBIネット銀行」がおすすめ。実は住信SBIネット銀行なら、目的別に1人で10個の口座を作成して個別に管理することができるのだ。また、今回はJALやヤマダデンキといったパートナー企業の支店に口座を開設することで、ポイントがたっぷりもらえる「NEOBANK」も併せて紹介しよう。

住信SBIネット銀行なら目的別に10口座も追加できる!

 日本では、どの銀行でも開設できる口座は原則“1人1店舗1口座”となっているのはご存じだろう。これは、同じ名義の口座が複数あるとミスが起きやすいこと。また、休眠口座を増やさないため(口座維持費用の削減)。そして、金融犯罪(マネーロンダリング)の防止などのためだと言われている。

 しかし、銀行口座は「貯金用」「生活費用」「投資資金用」など、複数の口座に分けて管理しておけばお金の管理が楽になる。そんなときにおすすめしたいのが「住信SBIネット銀行」だ。住信SBIネット銀行には、目的別口座を1人で10個も作成することが可能となっているため、目的別口座を作成しておけば、自動車、海外旅行、子育て資金などを貯めるための専用を口座を作成して、毎月、自動的に決まった金額を積み立てることも可能になる。もし、なかなかお金が貯められないという人は、住信SBIネット銀行の目的別口座を積極的に利用してほしい。

 なお、目的別口座に口座番号はないので、他行からの振り込みやATMでの入出金はできない点には注意したい。

住信SBIネット銀行では目的別口座を10個追加できるが、代表口座と違い口座番号はないので、他行からの振り込みやATMでの入出金はできない

実際に目的別口座を作成してお金を入金する方法

 それでは実際に、住信SBIネット銀行で目的別口座を作成してみよう。もちろん、すでに住信SBIネット銀行に口座を開設し、スマホで専用アプリが使えるようになっていることが前提だ。

 まず、住信SBIネット銀行アプリを起動したらログインして「ホーム」に移動する。次に「口座情報」を開いて「目的別口座新規作成」をタップしよう。目標金額やアイコンなどを指定したら、確認画面で「確定する」をタップすればOKだ。作成した口座を確認するには「口座情報」の「目的別口座一覧」をタップすればいい。

 目的別口座を作成したら、代表口座やハイブリッド口座などから入金してみよう。この作業は同じ銀行口座同士の資金移動になるため、「振込」ではなく「振替」を利用することになるが、出金口座と振替先口座、振替金額を指定すれば、リアルタイムで入金できる。もちろん、手数料は無料で1円単位で振替できるのが便利。

住信SBIネット銀行アプリを起動したらログインして、「ホーム」に移動。「口座情報」を開いて「目的別口座新規作成」をタップする(左写真)。新規作成画面で口座名などを入力しよう(右写真)

目標金額やアイコンなどを指定したら、確認画面で「確定する」をタップしよう(左写真)。これで目的別口座を作成できた(右写真)。画面下の「この口座で自動貯金する」を選択すれば自動貯金も可能となっている

口座を確認するには「口座情報」の「目的別口座一覧」をタップすればいい(左写真)。代表口座とは別に目的別口座が作成されているはずだ(右写真)。さらに口座を追加したいときは「+新しい目的別口座をつくる」をタップしよう

目的別口座への入金は「振替」を利用する。アプリの「振込・振替」を開いて「振替」を選択しよう(左写真)。出金口座と振替先口座、振替金額(1円単位で可能)を指定すればいい(右写真)

筆者はスマート認証NEOで認証済なので、「確定する」を押すだけでOKだった(左写真)。口座情報を確認すると、目的別口座にちゃんと振替入金されているのが確認できた(右写真)

知ってた?「住信SBIネット銀行」は複数口座を作ることが可能だって! 最大1人10口座までのページです。オトナライフは、【マネーJAL NEOBANKNEOBANKT NEOBANKネット銀行ヤマダNEOBANK住信SBIネット銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。