LINEポケットマネー申込70万件突破、少額融資の利用増は借金まみれの大人を増やす?

スマートフォンから利用ができる少額融資サービス「LINEポケットマネー」が、累計申込件数70万件を突破、累計貸付実行額も300億円以上となっているという。サービス開始から2年での急成長ぶりは、サービスの勢いを示していると言ってもよさそうだ。

しかし事業の成長は明るいニュースであることは間違いないのだが、少額ローンなどであっても“お金を借りている”ことに違いはない。あまりに慣れすぎてしまうと、そのユーザーが将来的に多額の返済に悩まされることにならないかが気がかりなところだ。

LINEポケットマネー、少額利用ユーザーの増加で申込件数が累計70万件突破!

サービス開始2年で累計申込件数が70万件を突破、累計貸付実行額は300億円以上に達した【LINE Credit】LINEポケットマネー(画像:LINEリリースより引用)

 LINEグループのひとつ・LINE Credit株式会社は9月6日、提供サービスのLINEポケットマネーがサービス開始2年で累計申込件数70万件を突破したと発表した。さらには「24ヶ月連続で残高が伸長し、累計貸付実行額が300億円を突破」したことも合わせて伝えている。

 発表によれば同サービスの利用傾向は、LINEを通じていつでも返済可能なシステムや少額利用が可能なことから、「少額でこまめに借入・返済する方が非常に多い」という。また、2021年1~7月の間の実績では「1回の借入金額が3万円未満」という利用が70%以上を占めたと伝えている。また、現在では様々なECサイトが生まれ世の中でEC需要が高まった結果、「今買って、あとで払う」といった文化が浸透してきていることも背景にあるようだ。

 いま必要な分だけを少し借りて(もしくはローンを組んで)購入し、余裕のあるタイミングでLINEを通じて返済できるという利便性は、現代の若者の志向とマッチしているのかもしれない。そうした面が評価された結果、今回の申込件数の伸長につながったと見てもいいだろう。

LINEポケットマネー申込70万件突破、少額融資の利用増は借金まみれの大人を増やす?のページです。オトナライフは、【マネーLINELINEポケットマネー借金まみれ】の最新ニュースをいち早くお届けします。