渋谷区の「高齢者スマホ無料貸与」に賛否…LINE、KDDIが潤うだけなら公平性を明らかに

渋谷区がはじめた高齢者へスマートフォン貸与の実証事業が賛否両論だ。デジタルサービスを推進する渋谷区にとって、高齢者などの情報弱者との溝を埋めることが大きな課題となっている。そのためスマホを貸し出して高齢者にもデジタル文化に慣れてもらうことは社会的意義も大きい取組みといえるだろう。

しかし一方で、この事業の課題点についてもネット上で複数指摘されはじめており、SNS上では不信感も広がっている。

高齢者へのスマホ貸与、情報格差を解消するか?

無償提供によって情報格差は解消されるのか?

 9月6日、渋谷区とKDDIが65歳以上の高齢者へスマホ無料貸し出しなどを実施する実証事業をスタートすると発表した。端末貸与の試みは今月からはじまり、2023年8月まで行われる。対象はスマホを未所持の人になるため、貸与にともないスマホデビューのための勉強会を行ったり、使いこなせるようになるまでの継続的なサポートが行われる予定だ。「まったくどう使えばいいか分からない未知のもの」であるスマホを活用してもらい、見守りや各種手続き、健康づくりなどに役立ててもらうことが狙いだ。

 高齢や貧困を理由にした情報格差(デジタルデバイド)が、生活の質に影響を与えることはあきらかだ。特にスマートフォンは生活のインフラである。無償貸与によって解消される社会問題があるのは明らかだが心配の声もある。

渋谷区の「高齢者スマホ無料貸与」に賛否…LINE、KDDIが潤うだけなら公平性を明らかにのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidauLINEスマホ渋谷区】の最新ニュースをいち早くお届けします。