「1日1万歩」ではないの? 7,000歩から死亡リスクが低下するという研究結果が話題に!

はじめてみよう、1日7,000歩

(Image:modchan / Shutterstock.com)

テレワーク化で今まで以上に運動不足というサラリーマンは多いのではないだろうか? 筆者もその一人だが、少し涼しくなった今、2駅先まで往復で歩くのをルーティーン化計画中

 「1日7,000歩」と聞くと多いように感じるかもしれない。しかし厚生労働省の「国民健康・栄養調査(令和元年)」によれば、日本人の1日の平均歩数は男性で「6,793 歩」、女性「5,832 歩」と報告されている。さらに20~64 歳に限れば男性「7,864歩」、女性「6,685歩」であり、男性はすでに平均値で7,000歩のラインに到達しているのだ。こう聞けば運動不足を自覚している方でも「これなら自分でもやれそう」と思っていただけるのではないだろうか。

 ネックとなりそうな部分を考えるとすれば、駅近のマンションに住んでいたり、駅直結の高層ビルに勤めているような勝ち組サラリーマンだろうか。そうした場合は帰宅時に1つ先の駅から電車に乗ったり、逆に1つ前の駅で降りて家まで歩いてみるのもいいだろう。

 運動不足の解消のためジムに月額料金を支払って通うのも「せっかくお金出しているんだから」という動機付けになるだろう。しかし「ジムもちょっとハードル高いな…」と感じる人はまず、この研究結果を信じて1日7,000歩から始めてみてはいかがだろうか。

参照元:「1日1万歩」でなく「7000歩」から長生きする可能性は高くなるとの研究結果【GIGAZINE

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

「1日1万歩」ではないの? 7,000歩から死亡リスクが低下するという研究結果が話題に!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ1日1万歩長生き】の最新ニュースをいち早くお届けします。