「定員割れ」の県立高校に救世主あらわる! 人気作を生み出したプロが教える学科に全国から志願者殺到か

少子化が進む昨今、大学の定員割れが時折話題になるが、高校についてもその流れは同様である。あの手この手で生徒・学生を惹きつけるための策を練るわけだが、熊本県の高森高校が驚きの決断を行った。なんと漫画表現が学べる漫画学科を設置するというのである。高校への漫画を学べる学科設置は全国で初めてという。しかも、私立ではなく、県立高校で、である。いったいなぜそんな大胆な決断が実現したのだろうか…?

大幅な定員割れに悩む熊本県の県立高校。漫画学科は、起死回生の一打となるか?

専門学校でも私立高校でもなく、県立高校でプロの漫画家から学べるのは驚きだ

画像は(Amazon.co.jp)より引用

 学科設置に向けて連携協定を結んだコアミックスは、「北斗の拳」の作者の原哲夫氏や、「キャッツ・アイ」で知られる北条司氏など日本を代表するプロの漫画家たちが設立した、漫画出版社である。そして熊本県立高森高校は、熊本県阿蘇郡ののどかな町にある、阿蘇南部地域唯一の全日制高校だ。ここ10年ほど、定員80人に対し、入学生徒が20~30人と大幅な定員割れが続いている。一見漫画とは何の関係もないかのように思える高校だが……?

 実は高校のある高森町は、コアミックスと協力して2018年から「くまもと国際マンガCAMP」を開催している。オーディションを経て、特に将来有望だと見込まれた漫画家のタマゴたちを世界中から高森町に招き、漫画づくりのノウハウを教えているという。
 そんな縁が実を結び、2021年9月、熊本県高森町と漫画出版社コアミックス、県教育委員会、および高森高校は「漫画」による高校の魅力向上と人材育成に向けて連携協定を締結。漫画学科の設立へと動き出したのである。

「定員割れ」の県立高校に救世主あらわる! 人気作を生み出したプロが教える学科に全国から志願者殺到かのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフONE PIECE北斗の拳北条司原哲夫尾田栄一郎熊本県高森高校】の最新ニュースをいち早くお届けします。