Androidスマホ9月のセキュリティ更新をするべき理由、深刻度は最高の「Critical」!

世界のスマートフォンOSシェアにおいて群を抜いた存在感を示し続けるAndroid OSの月例のセキュリティ情報とセキュリティパッチが、9月7日に発表された。たびたび起こる緊急のアップデートであればユーザーとしても「すぐに入れなきゃ!」と思いやすいのだが、「月例」と聞くと緊急性が低いように感じた読者もいるかもしれない。

しかしそこは油断大敵。このセキュリティパッチを早急に当てるべき理由についてお伝えしていきたい。

Android OSで新たなセキュリティパッチが公開される

スマホが普及し多くの人にとって身近になったからこそ狙われやすくもなっている

 Android OSといえば、グーグルが開発するスマホ向けOSであり、アップルのiOSと双璧を成すスマホOS界のトップ2としてよく知られている。Webトラフィック解析を行うサイト・Statcounterによれば、2021年8月のスマホOS市場で72.74%という驚異的なシェアを誇っていることが明らかに。日本国内ではiPhoneが優勢なものの、世界的に見れば日本がかなり特異な地域であり、Androidスマホユーザーが大半を占めているのだ。

 そんなAndroid OSでは9月7日に月例のセキュリティ情報が発表され、過去の月例時と同世に「2021-09-01」と「2021-09-05」という2つのセキュリティパッチが公開された。なおセキュリティパッチを2つに分けている理由は、数多く存在する“Android パートナー”が迅速にアップデートに対応できるようにという配慮からだという。デキる男感があふれている。

「2021-09-01」ではフレームワーク7件、メディアフレームワーク2件、システム7件という脆弱性に対応。「2021-09-05」は「2021-09-01」の対応に加えて、カーネルコンポーネント1件、MediaTekのコンポーネント2件、Unisocのコンポーネント2件、Qualcommのコンポーネント5件となっているという。

Androidスマホ9月のセキュリティ更新をするべき理由、深刻度は最高の「Critical」!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidAndroid OSセキュリティ】の最新ニュースをいち早くお届けします。