1,000名に聞いた、テレワーク下での浮気相手との連絡手段は、3位「SNS」2位「電話」1位は?

RCL探偵事務所を運営する株式会社RCLは2021年8月17日~19日、20代~60代の「浮気をしたことがある独身男女」と「浮気をされたことがある独身男女」を対象に、「浮気のきっかけと境界線」に関する調査を実施。「浮気をしたことがある独身男女」512人、「浮気をされたことがある独身男女」506人の計1,018人名から回答を得た。今回はその気になる結果を紹介していこう。

浮気相手は職場で見つける人が最多

3人に1人が職場で浮気相手を見つける人が多いようだ。取引先という回答も(RCL調べ)

 コロナ禍となり、1年半以上が過ぎた。家にいる時間が増えたことで彼氏・彼女と過ごす時間が増え、仲が深まった人もいるのだろうが、残念ながら衝突や喧嘩が増えてしまい、浮気という過ちを犯してしまったり、あるいはされてしまったりという方も少なからずいるようだ。RCLが6月に実施した調査でも、「コロナ禍で浮気・不倫をされた友人・知人がいる」と回答した方は7割を超え、おうち時間の増加は生活に変化を及ぼしただけでなく、恋人間の関係性にも影響を及ぼしている。しかし、出かける機会も減ったいま、浮気相手とどのようにして出会ったり、コンタクトを取っているのだろうか。

 その調査結果がこちらだ。「浮気相手と出会った場所」の第3位は「飲み会の場」11.7%、第2位「友人・知人の紹介」12.5%、第1位「職場(社内)」29.5%と、もっとも多かった。実に3人に1人が職場で浮気相手を見つけているようだ。職場や友人・知人の紹介など、浮気相手と出会うきっかけは日常の行動範囲内。もしあなたの恋人が怪しい行動を取っていたら、身近な所で悪事を働いている可能性が高いかも!?

1,000名に聞いた、テレワーク下での浮気相手との連絡手段は、3位「SNS」2位「電話」1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフSNSテレワークリモートワーク浮気の境界線浮気相手】の最新ニュースをいち早くお届けします。