テレワークで会社から支給されているものランキング、3位は通勤手当、2位はパソコンやアプリの購入費、では1位は?

テレワークという働き方が急速に普及したため、テレワークをしている人のなかには、「働く環境が整っていない」、「集中できない」といった問題を抱えている人が多い。その1つに在宅勤務で生じる諸経費について、会社側が負担してくれないと悩む人がいるようだ。一方で、しっかり支払いされているという声も耳にするが、どういった経費を会社が負担してくれているのだろうか。

今回は、LIXIL住宅研究所が行った関東近郊(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県)に住む男女会社員を対象にした「在宅勤務の実態や会社からの援助などについて」の調査により判明した、会社から支給がある(あった)項目を紹介しよう。(複数回答可)

2位の手当がないと、相当な金額を負担することになる

テレワーク化で本当に至急して欲しいのは電気代、通信費(主にスマホの通話代)ではないだろうか?

 支給されているもの第3位は、「これまでと同様の通勤手当(出勤日が少なくとも従来通りの金額)」14.4%。3位ということで、たくさんの人がもらえているように見えるが、回答者の割合は2割にも満たない。通勤手当は、会社の就業規則によって支払い額が定められているため、出勤日数が少なくてもいきなりの減額や無支給はできないはず。にもかかわらず、14.4%ということは、もともと通勤日数などによって支払額が変わることを明記しているか、それとも就業規則の変更など、対応の早かった会社が多かったのだろうか。

 第2位は、「パソコンやアプリケーションなどの購入費(現物支給でも可)」16.3%。アプリはものにもよるが、パソコン1台分となると相当な費用がかかる。もしそれが自己負担だったら家計的にかなり苦しくなるだろう。そのため、しっかり負担しようと考えている会社が多いようだ。支給したパソコンは、テレワークから通常出勤に変わった場合でもそのまま使えるため、ムダではないはずだ。

テレワークで会社から支給されているものランキング、3位は通勤手当、2位はパソコンやアプリの購入費、では1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフテレワークランキング在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。