YouTuberになれるハードルが下がった!? 収益をあげやすくなる2つの新機能とは

テレビ番組や動画配信サービスの視聴と同じくらい需要が高まっているYouTubeチャンネル。その需要に伴い、新たにチャンネルを開設するYouTuberも増え、収益方法もクリエイターによってさまざま。今回は、新たにYouTubeを始めたい人のために、広告収入以外でも工夫次第によっては収益を得ることができる新しい機能「スーパーサンクス」「YouTube ショート」を紹介する。

YouTubeって稼げるの?開設直後に待つ“収益化”への壁

(Image:NiP STUDIO / Shutterstock.com)

購入品紹介から、レシピ動画、「やってみた」企画まで、多種多様なコンテンツが揃うYouTube

 テレワークの浸透やライフスタイルの変化により、副業に目を向ける人も増えている。その選択肢の一つとして「YouTube投稿をやってみたい」という人もいるのではないだろうか。YouTubeなどのマーケットリサーチを行うYouTube総研の動画広告市場に関する調査によると、2022年の国内YouTuber市場は579億円規模に達すると予想されており、軌道に乗ればYouTubeだけで生計を立てられる可能性もありそうだ。

 一方で、YouTubeを収益化するにはかなり厳しいという意見も。動画視聴時に流れる広告から収益を得るのが一般的だが、YouTubeが定める「YouTube パートナー プログラム」によると「チャンネル登録者数が 1,000 人以上」「総再生時間が直近の 12 カ月間で 4,000 時間以上」などの規定が定められている。また、1再生数につき0.05円~と広告単価も低く、初期段階で収益を得ることは難しいといえるだろう。

YouTuberになれるハードルが下がった!? 収益をあげやすくなる2つの新機能とはのページです。オトナライフは、【動画・音楽VTuberYouTubeYouTuberYouTubeショートスーパーサンクス】の最新ニュースをいち早くお届けします。