iPhone 13は「ノッチの縮小」ディスプレイとカメラ性能がアップする?

9月15日のオンラインイベントで新端末が発表されると言われている「iPhone 13(仮称)」について、ネット上ではさまざまなウワサがささやかれている。リークや予測など根拠の確実性の定かさはひとまず置いておいて、ファンが期待する機能が搭載されるのか否かは気になるところだ。イベントでの“答え合わせ”を楽しみに待ちたい。

新しいiPhoneは画面上の「ノッチ」が小さくなる?

(Image:ZorroGabriel / Shutterstock.com)

15日のイベントで発表見込みのiPhone 13

 日本時間の9月15日午前2時、iPhoneの新端末が発表されるとみられるアップルのオンラインイベントが目前に迫ってきた。日本は世界の中でもiPhoneユーザーの割合が高いことで知られており、新作発売のタイミングで新しい端末に変えようと考えている人も多いだろう。現在ネット上に流れている情報から新端末で予測されている特筆すべき機能についてまとめてみた。

 まず、変更点のひとつとして上げられているのは「ノッチの縮小」だ。ノッチとは画面上部にあるカメラのレンズが入った黒いくぼみのこと。リークされている新端末用と見られる保護フィルムの画像を見ると、たしかにノッチにあたる部分がとても小さくなっている。

 ホームボタンがなくなった今でも画面を狭めている邪魔者なだけに、アップルとしてもなくせるものならなくしたいだろう。しかし画像ではノッチ部分があまりにも小さすぎることもあり、「これは本物なのか」といった疑問を抱いてしまう人がいても仕方のないことだろう。

iPhone 13は「ノッチの縮小」ディスプレイとカメラ性能がアップする?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 13ノッチ】の最新ニュースをいち早くお届けします。