4大キャリアユーザーが利用するポイント、QRコード、クレカ、ECサイトは楽天が4部門中3部門で1位に!

ドコモ、au、ソフトバンクに楽天モバイルが加わり、4大キャリアがシェア争いにしのぎを削っている携帯電話市場。キャリア選びには料金プランやサービスの充実具合が重要なポイントとなるが、携帯キャリア各社が提供しているポイントや決済などの各種サービスを、ユーザーがどの程度利用しているかを調査した結果がMM総研から発表されている。

その調査結果によれば、キャリアとして新参者の楽天モバイルが、ポイント・クレジットカード・ECサイトの3部門でトップとなっていることが判明。今後のシェア争いのカギとなりそうだ。

他キャリアユーザーからも利用率高めな楽天ポイント。QRコード決済はPayPayに軍配

(Image:paypay.ne.jp)

スマホはもはや通話の手段ではなく、複合的なサービスに必要不可欠な存在だ

 アンケートの対象者は15~79歳の男女で、各種サービスを「最も利用している」と答えたキャリアの割合は、ドコモが1万6,802人、auが1万2,968人、ソフトバンクが6,223人、楽天モバイルが3,948人となっている(2021年8月末時点)。そこから各社ごとに「ポイントサービス」「QRコード決済」「クレジットカード」「ECサイト」の4部門を分析している。

 まずはポイントサービスから。楽天モバイル「楽天スーパーポイント」が73.9%と最も高く、トップの座を固く守っている。2位はソフトバンク「Tポイント」で34.5%だが、減少を続けており、ドコモやauに追い抜かれそうな構図となっている。

 続いてはQRコード決済。こちらはソフトバンク「PayPay」が46.5%と他を圧倒しており、1位を獲得。以下、2位のau「au Pay」25.4%、3位の楽天モバイル「楽天ペイ」22.0%、4位のドコモ「d払い」20.7%と団子状態だ。その中で伸び率が高いのはauで、2021年2月に実施した70億円規模のキャンペーンが利用者拡大に奏功した様子。今後、ソフトバンクと一騎打ちになるのか、はたまた別キャリアが伸びを見せるのか、目が離せない。

4大キャリアユーザーが利用するポイント、QRコード、クレカ、ECサイトは楽天が4部門中3部門で1位に!のページです。オトナライフは、【マネーauECサイトNTTドコモQRコード決済クレカソフトバンクポイントランキング楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。