「公務員の平均年収」高い自治体ランキング、3位東京都三鷹市、2位東京都武蔵野市、を上回る1位は?

サラリーマンであれば、誰しも「自分以外がどれくらい稼いでいるのか」という話題は大小の差はあれど気になるものではないだろうか。同僚や友人・知人に面と向かって「いくら稼いでる?」と聞くのはイヤがられそうでしづらいが、国が発表する世の中の人々の平均年収は毎回チェックしてしまう。そんな小市民が筆者である。

今回は、“安定した職業”として名高い地方公務員の給与について、国の発表するデータから平均年収のランキングについてお伝えしていきたい。

地方公務員の年収が高い自治体ランキング発表!

全国的にも有名な東京都庁もトップ5入り

 まず比較対象として民間企業に勤めるサラリーマンの平均年収をご紹介しよう。2020年9月に国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」によれば、平均年収は436万円となっている。

 対して地方公務員はというと、総務省の発表する「地方公務員給与実態調査」によれば、全国1,788の自治体の平均年収は591万円だ。民間企業と150万円以上の開きがあることには驚きを隠せない。

 そんな年収の高い地方公務員の中でもとくに高額な自治体をランキング形式で見ていくと、第5位は「神奈川県川崎市」の731万円だった。自治体平均からさらに140万円も高いのだ。4位には733万円で「東京都」がランクイン。こちらは市や特別区ではなく都庁職員のこと。全国の都道府県庁で最も高い数値を叩き出した。

「公務員の平均年収」高い自治体ランキング、3位東京都三鷹市、2位東京都武蔵野市、を上回る1位は?のページです。オトナライフは、【マネーランキング三鷹市公務員厚木市川崎市平均年収東京都武蔵野市】の最新ニュースをいち早くお届けします。