iPhoneのカメラはオートバイなどの「高振幅の振動」などで壊れる可能性があるとアップルが警告

iPhoneをカーナビ替わりに使う、という人は多いだろう。車はもちろん、サイクリングからツーリングまで、さまざまな場所へと私たちをナビゲートしてくれる。1台あればさまざまな乗り物にすぐ取り付けられるのも便利だ。

そんな便利なiPhoneだが、特定の周波数の範囲内の高振幅の振動に長時間さらされると、カメラ機能に悪影響を及ぼす可能性がある、とアップルが警告を出したのである。
 ただし、この警告にはちょっとしたオチがあった。

長時間バイクの揺れにさらすと、優秀なカメラ機能に悪影響を及ぼす可能性が

(Image:D.L.Sakharova / Shutterstock.com)

iPhoneの手ぶれ補正やピント機能などのシステムが影響を受ける可能性

 アップルによると、「iPhone 12 Pro Max」などの一部のモデルのカメラには、撮影時のいわゆる“手ブレ”を抑え、多少手元が怪しくてもクッキリきれいな写真を撮ることができる「光学式手ぶれ補正機構」や、重力や振動の影響を測定してピントを維持する「閉ループオートフォーカス」が搭載されているという。これほどまでに高機能なカメラが本来“電話”であるはずのスマートフォンに搭載されている進化にあらためて驚くが、このあたりの機能が、ある周波数の揺れのもとに長時間さらされると、この2つの機能の性能が低下する恐れがあるとのことだ。

 ある周波数について、アップルはハッキリ「高出力かつ大容量のオートバイのエンジンが発生させる振動」と、いわば名指しのような形で、具体的に書いている。つまり、「大型バイクに長時間乗せて走るとカメラ機能が低下するかもよ」ということを公式的にアナウンスしているのである。ツーリング先では当然旅の思い出にiPhoneで撮影するはずだ。そのときに思いっきりブレた写真やピンボケ写真になってしまうのは避けたい。バイカーの皆さんはどうかお気を付けを。

 それはわかった、気を付けなくちゃ、となって終わるところだが、実はこの話にはちょっとしたオチがある。それはアップルが公開している過激すぎる公式CMムービーにあった。

iPhoneのカメラはオートバイなどの「高振幅の振動」などで壊れる可能性があるとアップルが警告のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 12 Pro Max】の最新ニュースをいち早くお届けします。