アップルがイベント直前に緊急OSアップデートを敢行した本当の理由とは? 関係者も「すぐ更新するべき」

「自分に無関係なセキュリティアップデート」と思わずにアップデートしよう

(Image:apple.com)

脆弱性を突くサイバー犯罪は世界中で起こっている

 スマホが急速に多機能化したことで、近年のスマホは扱う個人情報も多岐にわたるようになってきた。位置情報や自身を含めた連絡先、インストールされているアプリは当然のこと、メッセージアプリの会話履歴、ウェブの閲覧履歴、さらにEC系のアプリであれば購入履歴なども見られるだろう。

 これらの情報すべて、スマホのロック解除さえできれば誰でもすぐに確認できることは、スマホを利用しているユーザーであればわかるはずだ。それだけスマホは様々なデータの詰まった“個人情報の塊”なのだ。スパイウェアで監視され、他人に見られたらたまったものではない。だからこそこうした脆弱性に対処したセキュリティアップデートは、すぐにでも対処して“万が一”の被害を未然に防ぐ必要があるのだ。

「自分のいる世界とは別の世界の話であって、自分が監視されるわけがない」その考えもある意味正しい。しかし既知の脆弱性は、どこで誰が悪用するかもわからないもの。“万が一”の事態に巻き込まれて後悔しないよう、全スマホユーザーは自身に関係の無さそうな内容であっても積極的にアップデートしていっていただきたい。

参照元:iOS、iPadOS、watchOS、macOSの緊急更新 “既に悪用された可能性のある脆弱性”を修正【ITmedia Mobile】

アップルがイベント直前に緊急OSアップデートを敢行した本当の理由とは? 関係者も「すぐ更新するべき」のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOSiPad OSiPhoneMacOSwatchOSアップデート脆弱性】の最新ニュースをいち早くお届けします。