キャッシュレス推進なのでは? それでも日本政府が「新紙幣を発行」をする理由とは?

日本では見かけることの少ない犯罪が、新紙幣の発行理由!

日本では、偽札を作ること、使うことは、無期懲役などの重罪に課せられるため、抑止力になっているかもしれない

 紙幣や硬貨を新しく発行する理由は、不正使用対策のようだ。偽札などの不正対策のため、高い技術を使った紙幣、硬貨に更新し続ける必要があり、20年毎に更新されることになっている。この周期には理由があり、肖像が浮かび上がる技術である3Dホログラムなどの新技術を定期的に導入することと、人的な問題が背景にある。紙幣も硬貨も熟練した人の手で制作されることから、人から人への伝承が必要で、20年という周期が設けられたようだ。

 また、日本の紙幣や硬貨を製作する技術水準は世界と比較しても高く、一方でその技術の甲斐もあって偽札が非常に少ない傾向にある。そのため日本では、「新紙幣の製造コストは高くなり、偽札の取り締まりにかかる費用を上回ってしまう」といった、平和な日本だからこそ起こってしまう悩みも存在するという。

 国家の重要な紙幣や硬貨ということで、人の手は必ず介入しなければならず、全てをデジタル化することは難しいことなのだろうか。費用や資源の削減にもなるし、新紙幣や硬貨の製造費用を削減できるといいが……。

参照元:日本政府が「キャッシュレス推進」しながらも「新紙幣を発行」するワケ【マネー現代】
出典元:新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します【財務省】

(※2021/9/16 記事の一部を訂正いたしました)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

キャッシュレス推進なのでは? それでも日本政府が「新紙幣を発行」をする理由とは?のページです。オトナライフは、【マネーキャッシュレス新紙幣】の最新ニュースをいち早くお届けします。