3Gサービス終了で起こる「ガラケー難民」約2,800万件獲得競争! 先陣を切るauの救済措置とは

サムスンの折りたたみスマートフォンの発売や、iPhoneの新機種など、スマホ界隈が賑わっている一方で、ガラケーユーザーが岐路に立たされている。ガラケーに対応している3Gサービスが、2022年3月末にサービスを終了するauを皮切りに、ソフトバンクは2024年1月末、ドコモは2026年3月と相次いで終了するのだ。

今回は、auのガラケーユーザーの状況や動向、auの施策について紹介しよう。

ガラケー利用者は2,800万人!急ぎの乗り換えが必要なauユーザーの動向は?

ビジネスでスマホとガラケー2台持ちをしている人はガラホに乗り換えるのか? それとも格安SIM? 格安プラン?

 スマホの普及によってガラケー所有者は減少傾向にあるが、総務省の調べでは3Gサービスの契約数は2020年12月末の時点で約2,800万件も残っているのだという。その後半年以上も経っているため、それなりに減少してはいるのだろうが、それでもかなりの数の人が未だに3G対応のガラケーを使っていることが予想される。

 ガラケーを使い続ける理由はユーザーそれぞれだろうが、おそらく多数派のひとつであろう「わざわざスマホに乗り換えるのが面倒」といった理由が通用しなくなるサービス終了が目前まで迫ってきている。単に面倒だというユーザーならば、サービス終了で追い出されたらスムーズにスマホに移行できるだろう。

 しかし中にはガラケーの操作に慣れてしまい、物理的に何もないディスプレイを“押して”操作することに抵抗のあるユーザーもいるはずだ。そうした“ガラケー難民予備軍”に人気なのが、ガラケーの性能を色濃く残した4G対応の「ガラホ」のようだ。そうしたユーザーニーズも背景にあってか、auでは他社にガラケーユーザーを奪われないため3Gの終了決定とともに、ガラホの新端末を相次いで発売したという。auも3Gサービスの終了によるユーザーの流出を食い止める対策に打って出ているようだ。

3Gサービス終了で起こる「ガラケー難民」約2,800万件獲得競争! 先陣を切るauの救済措置とはのページです。オトナライフは、【iPhone&Android3GサービスauNTTドコモガラケーガラケー難民スマホソフトバンク楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。