Amazon「ほしい物リスト」の作成・公開方法を解説!

【Amazon】「ほしい物リスト」を匿名で作る方法

 ほしい物リストを公開するときには注意点がある。注意点について見ておこう。

・送り主側はリスト作成者の市町村まで追跡できる

 ほしい物リストを公開するときの注意点は、購入してくれた人が商品の送付先の市町村までわかってしまうという注意点である。ほしい物リストは、匿名でも公開して、匿名の相手に商品を購入してもらうことができる。

 しかし、購入者にはトラッキングIDが伝えられて、発送後にどこまで届いているのか調べることができる。配達する直前の物流センターまでわかってしまうので、市町村レベルの大まかな住所は相手に伝わってしまう。

 番地までの住所がすべて購入者にわかってしまうわけではないが、市町村名レベルの個人情報も公開したくないという方には、ほしい物リストの公開はおすすめしない。

【Amazon】「ほしい物リスト」を匿名で作る方法

 ほしい物リストは完全に匿名で作ることが可能だ。注意点で説明したように、匿名のほしい物リストでも市町村名までの住所は購入者にわかってしまうが、本名と番地がわからなければ、匿名のほしい物リストで個人情報を特定するのはかなり難しいだろう。

 SNSやメルマガなど不特定多数に向けて公開されている場でほしい物リストを公開する場合には、自分の個人情報を守るためにも匿名で作成するようにしよう。

 匿名でのほしい物リストの作り方は、「リスト管理」の「設定」から行う。ほしい物リストを匿名で公開するポイントは次の3つである。

●名前にはニックネームを使う
●匿名用の住所を作成する
●「第三者の出品の商品の発送同意書」のチェックを外す

 名前欄には必ずニックネームを使うこと。住所はすでにAmazonに保存されている住所からも選べるが、匿名でほしい物リストを公開するのなら匿名用の住所を新たに作成しよう。匿名用の住所の作成方法のポイントは次のとおりである。

氏名:ニックネーム
住所:送付先の住所の最後に「自分の本名+様方」と付ける。

 氏名の欄は購入者に公開される可能性があるが、住所欄は相手には表示されない。住所欄に送付先となる自分の本名を書くことで、相手に本名を知られる可能性がなくなる。

「第三者の出品の商品の発送同意書」にチェックを入れたままだと、マーケットプレイスで自社発送している業者に住所が表示されてしまう。Amazonではマーケットプレイスの出品者が怪しいことが多いので、こちらからチェックを外して、Amazon以外に住所が伝わらないようにしておいたほうがいいだろう。

※サムネイル画像(Image:amazon.co.jp)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Amazon「ほしい物リスト」の作成・公開方法を解説!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonAmazonの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。