NHKが受信料未納者から徴収策で編み出した、通称「宛名なし郵便」ってなに?

宛名なき請求書で受信料徴収率はアップなるか?

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

「宛名なし郵便」はとりわけ誰が住んでいるか特定しにくい都市部のマンションや集合住宅で活躍しそうだ

 この新サービス開始の裏にいるのは、ご想像の通り国・総務省に他ならない。総務省はNHKと郵政事業の両方を管轄しており、NHKはコロナ禍で直接訪問による営業が難しくなったことで受信料の確保に危機感を募らせていた。一方の日本郵便も、やはりコロナ禍で業績が低迷、新たな収入源を模索していた。そこに、総務省の後押しがあり、日本郵便とNHK、そして総務省の思惑が合致した新サービス「宛名なし郵便」が生まれたと言えそうだ。

 宛名を書かなくても配達するということは、受取人が誰かまで分からなくても、住所又は居所が存在すれば配達され、受信契約を迫れるようになる。NHKの受信料は世帯ごとに徴収するので、未契約世帯には受信契約の案内や請求書が届きさえすればよく、世帯の中での受取人を特定する必要がないのだ。ここまで来ると、NHKの必死さと、法律を変えてまでどこまでも追いかけ回す鬼気迫る感じが恐怖を感じさせる。

 一方の日本郵便は、ポスティング同様のことをするだけで1通あたり200円の特別料金をゲットできる。料金の内訳はというと、25グラム以内の定形郵便物の封書は通常料金84円に加算されて284円、はがきなら63円+200円で263円と、割高な設定となっている。そして、両者を管轄する総務省は一石二鳥ときたものだ。

 ――ただし、受信料未納世帯がその宛名のない請求書を受取ったことで、すんなり支払いをしてくれればの話だが。

参考元:「受信料のためなら手段を選ばない」NHKが採用した未納者を狙い撃つ”ある奇策”【PRESIDENT Online

※サムネイル画像(Image:ishikase / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

NHKが受信料未納者から徴収策で編み出した、通称「宛名なし郵便」ってなに?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフNHK受信料宛名なし郵便日本郵便】の最新ニュースをいち早くお届けします。