iPhone標準カレンダー便利機能10個の使い方と設定方法!

iPhone標準カレンダーは、アイコンデザインがシンプルということもあり、お気に入りのアプリでカレンダーを利用している人も多いでしょう。

しかし、機能に目を向けると、iPhone標準カレンダーは常にアップグレードされており、かなり便利な機能が利用できます。

仕事の効率化を図るだけでなく、一目でスケジュールを把握できます。お天気のチェック、電車の乗り換えも即座に判断できる優れた標準アプリの一つです。

今回この記事では、iPhone標準カレンダーの機能から、最大限活用する使い方を紹介します。

iPhone標準カレンダーは常にアップグレードされていく

(Image:FellowNeko / Shutterstock.com)

iPhoneは、定期的に本体のアップグレードを求められます。アップグレードは、不具合の改善のため必要になります。

iPhone標準カレンダーも定期的にアップされており、Apple社製の商品であれば、他の機器ともスムーズに同期することが可能です。

多くの端末で予定を一元管理できる

Apple社製の商品を、複数台所有している人は増えています。
そんなApple社製の製品すべてで、予定を一元化することができるのはiPhone標準カレンダーを利用するメリットです。

予定の一元化も簡単で、すべての商品で同じiCloudを利用するだけです。
バックアップで、カレンダーをオンにする簡単ステップで、同じiCloudを設定している端末で最新の情報が共有されます。

【基本の4つの機能】iPhone標準カレンダーの使い方

iPhone標準カレンダーを便利に使いこなすなら、基本の機能から利用しましょう。

・年/月/週/日の表示切り替え
・西暦表示から和暦表示への変更
・色付け機能
・カレンダーごとの表示/非表示 設定

iPhone標準カレンダーの基本の機能で紹介するのは、この4つです。どれも簡単かつ便利な機能になります。

年/月/週/日の表示切り替え
1日のスケジュールだけでなく、週単位で確認が必要な場合、来月の空きを一目で確認するときは、年/月/週/日の表示切り替えで瞬時にチェックできます。

月間カレンダーを表示するには、年間カレンダーから「○月」をタップ、週やその日の予定を確認するときは、日付をタップしてください。

年間カレンダーを表示するなら、「○○年」をタップするだけで把握できます。

西暦表示から和暦表示への変更
iPhone標準カレンダーは、初期設定で西暦表示になっています。和暦表示が利用しやすいのであれば、「設定→一般→言語」から「言語と地域」の項目で暦法を選択してください。

色付け機能
どんなに便利なカレンダーアプリもスケジュールがパンパンに詰まっていると、一目で予定の確認は困難になります。

そこでおすすめしたいのが、iPhone標準カレンダーで利用できる「色つけ機能」です。予定に色をつけることで、予定の優先順位も考えられます。

ビジネス関係の予定や、家族や趣味の予定を色で分けることもできますし、重要度によって色を分ける使い方もできます。予定の色を変えるは、こちらの方法で簡単にできます。

画面下の「カレンダー」→「カレンダーの追加」を選択
新規カレンダーの名前と色を設定し、「完了」をタップ
「+」マークを押し、新規イベントの追加画面に移る
「カレンダー」を選択し、予定と紐づけるカレンダーにチェックを入れる

カレンダーごとの表示/非表示設定
iPhone標準カレンダーは、予定ごとに表示/非表示の設定もできます。一時的に不要なカレンダーは、画面下の「カレンダー」をタップして、一覧から必要な高向くだけにチェック入れてください。

iPhone標準カレンダー便利機能10個の使い方と設定方法!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneカレンダー】の最新ニュースをいち早くお届けします。