Discordの人気音楽ボット「Rythm」をYouTubeが排除! 全滅へと追い込まれる可能性も

チャットと通話がブラウザ上で利用でき、個人専用サーバーが開設できるボイスチャットサービス「Discord(ディスコード)」。通話中に音楽を流す機能のほか、PC画面を共有できたり、プレイ中のゲームを友達に知らせたりと、特にゲーマー人気の高いコミュニケーションツールだ。

ところが、ディスコードの人気音楽ボット「Rythm(リズム)」に対し、YouTubeを傘下に持つグーグルが音楽ボットサービスの停止を要請。2021年9月15日にサービスを終了することが発表された。5億人以上のユーザーがいたため、ディスコ―ドにとっては大打撃。だが、これが終わりではなかった……。

Groovyへの停止要請は、音楽ボット全滅の序章だった!?

(Image:IB Photography / Shutterstock.com)

ブラウザのほか、アプリでも展開しているディスコード

 実はディスコードの音楽ボットが停止処分を食らったのはこれが初めてではない。2021年8月には、2億5,000万人のユーザーを抱える人気の音楽ボット「Groovy」に対し、商用利用を行うなどの規約違反を理由として7日以内のサービス終了をグーグルが要請したため、8月30日には閉鎖。Groovyで再生されるトラックのうち、98%はYouTubeのもので、フロントエンドや広告をバイパスしていたそう。そのため、リズムも時間の問題では、と噂されていた。

 グーグルがリズムなどをサービス終了に追い込んだのは、ディスコードで展開する予定の自社サービスと、人気音楽ボットが競合しているからだという見解を持つ人も。ディスコードは以前、「2021年末にサーバー上で一緒にゲームをしたりパーティを開いたりする新しい機能をリリースすることを検討している」と発表しており、その新機能の中にYouTubeのディスコードボットである「YouTube Together」も含まれていると、海外メディアのMashableは指摘している。

Discordの人気音楽ボット「Rythm」をYouTubeが排除! 全滅へと追い込まれる可能性ものページです。オトナライフは、【動画・音楽DiscordGoogleGroovyRythmYouTubeYouTube Together】の最新ニュースをいち早くお届けします。