若年層女子の約99%に「推し」いることが判明、そして1日の半分以上そのことを考えているという調査結果に

アイドル、俳優、芸人、アニメのキャラクター……。みなさんに愛してやまない“推し”はいるだろうか?ファンにとって、なくてはならない存在ともいえる推し。中には、「ルックスから性格まで含めて好き」「応援している時間はなによりの至福」と熱烈な愛を注ぐ人も少なくないだろう。今回は、女子大生・女子高生のトレンドをリサーチするマーケティング集団「Trend Catch Project 」が実施した調査をもとに、若年層女性の「推し活」事情を詳しく見ていこう。

98.4%が推し活をしていると回答

女子高校生の間では、推しにリアルな恋心を抱く“リアコ”という言葉も浸透している(Trend Catch Project調べ)

 10代後半から20代前半の若年層女性を対象に実施されたアンケート調査によると、98.4%の人に「推しがいる」ことが明らかとなった。「いない」と回答した人はわずか1.6%という結果に。ライブに行ったり、推しのグッズを買ったりする、いわゆる「推し活」。最近では、直接ライブ会場に足を運ばなくても自宅で気軽に推しを応援できるライブ配信が浸透し、推し活にハマるファンが増えているようだ。

 「推しがいる」と回答した人を対象に「推しの数」を聞いてみると、「2個」「3個」と回答した人が同率で19%を占め、最多となった。続いて、3位「1個」(18%)、4位「5個」(15%)、5位「4個」(12%)という並びに。1個から3個の推しがいる人は合計で56%と過半数を超えている。この結果から、不特定多数よりも少数の推し活にのめりこむのが一般的だと言えるだろう。

若年層女子の約99%に「推し」いることが判明、そして1日の半分以上そのことを考えているという調査結果にのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ二推し単推し推し活推し被り】の最新ニュースをいち早くお届けします。