Google Chromeの「拡張機能(アドオン)」12選! 仕事の効率が3倍アップする

【9】気になるWebサイトをガンガン保存できる「Save to Pocket」

 情報収集の際に役立つChromeのアドオンが「Save to Pocket」だ。Save to Pocketを導入すれば、Webサイトをワンクリックでガンガン保存できるようになるぞ。タグでの管理にも対応しているので、大量に記事をストックしても快適に閲覧することができるのが便利。スマホやタブレット版の「Pocket」アプリを使えば(同一アカウントでログイン)、パソコンで保存したWebサイトがスマホで、スマホで保存したWebサイトがパソコンでチェックできるのもうれしい。まずは、「Save to Pocket」を起動して、Googleアカウントでユーザー登録を済ませよう。

「Save to Pocket」を導入したらアイコンをクリック。ピンアイコンでアドレスバーに固定して「Save to Pocket」を選択しよう(左写真)。アカウント登録画面が開くので「Googleで続行」を選ぶ(右写真)

保存したいWebページを開いて「Save to Pocket」のアイコンをクリックし、タグ名を任意で入力(上写真)。保存したWebページは「Save to Pocket」のメニューの「Open Your Pocket List」から閲覧できる(下写真)

【10】Webページで気になる画像を検索できる「Moly Cropping Search」

 企画書などの作成で、イメージとして画像やグラフを挿入したいときに便利なのが「Moly Cropping Search」だ。Moly Cropping Searchは、Webページで指定した画像を検索して、その画像が何なのかを調べたり、類似の画像を検索してくれる。使い方も非常に簡単で、目的の画像があるWebページで「Moly Cropping Search」を起動してドラッグしてみよう。これだけで、新しいタブに類似画像の検索結果が表示されるはずだ。

気になる画像のあるページでアドオンアイコンから「Moly Cropping Search」を選ぶ(上写真)。「Moly Cropping Search」が起動するとページ全体がモノクロ表示に変わるので、検索したい画像をドラッグして範囲指定すればOKだ(下写真)

【11】気になる情報を見つけたらすぐにメモが取れる「grt memo」

 Chromeで検索中に気になったキーワードが見つかった場合、Windows標準のメモ帳や、Wordなどにコピペする人もいるだろう。しかし、わざわざソフトを起動したりファイル名を付けて保存するのは面倒だ。そこでぜひ活用してほしいのが「grt memo」である。grt memoをアドレスバーの右に固定しておけば、すぐメモ帳を立ち上げられるし、あとか見返すのも楽チン。しかも、タグが付けられるので大量にメモしても管理がしやすいのがうれしい。

あらかじめ「grt memo」のピンアイコンをクリックして、アドレスバーの右に固定しておく。もし、Web検索中にメモしておきたいキーワードが見つかったら、コピペして簡単にメモができるぞ

【12】Amazonで探した本を近くの図書館で借りる

 企画書を作成するときに必要な本をAmazonで見つけても、数千円もする本を買うのはさすがに躊躇する場合もあるだろう。そこで、少しでも本代を節約しようと近所の図書館で探してみたが、結局見つからなかった……、なんて経験はないだろうか? そんなときは「その本、図書館にあります」というアドオンがおすすめ。「その本、図書館にあります」を導入して、事前に近所の図書館を登録しておけば、Amazonで探した本が最寄りの図書館にあるかどうかすぐに調べることができるのだ。これは超便利!

(Image:amazon.co.jp)

「その本、図書館にあります」をインストールしたら、まず最寄りの図書館を設定しよう。Amazonで目的の本を検索すると、登録した図書館にその本があるかどうかがすぐに分かる

※サムネイル画像(Image:ymgerman / Shutterstock.com

文=小沢陽子/編集・ライター

Google Chromeの「拡張機能(アドオン)」12選! 仕事の効率が3倍アップするのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle ChromeGoogle Chromeの使い方アドオン拡張機能】の最新ニュースをいち早くお届けします。