iPhoneで入力したアカウントやパスワードが漏洩していないか確認する方法

普段、アナタは自分のアカウント(ID)やパスワードをどのように管理しているだろうか? iPhoneでは「iCloudキーチェーン」を利用するとこで、会員制Webサイトやアプリのログインに必要なアカウントやパスワードを保存&管理してくれるほか、クレカ情報なども保存できる。iCloudキーチェーンを利用すると、万一パスワードが漏洩したとき警告通知が送られてくるので安心だ。そこで今回は、iPhoneのアカウントやパスワードを安全に管理できる「iCloudキーチェーン」の使い方と、パスワードが漏洩していないか確認する方法を解説しよう。

iPhoneのアカウントやパスワードはどう管理されている?

 iPhoneでは、アカウント(ID・メルアド)とパスワードを入力してログインしたWebサイトやアプリは、2度目からは自動的にログインできるようになっていて便利だ。実はこれ、「iCloudキーチェーン」という機能のおかげであることをご存じだろうか? 通常、iCloudキーチェーンは最初からオンになっているので、そのことを知らずに使っている人も多いだろう。

 iCloudキーチェーンでは、定期的にアカウントやパスワードがAppleのサーバーに送信されており、かなり強固な暗号化技術によって保存&管理されているので安全に利用できる。万一、iPhoneに登録してあるパスワードが漏洩した可能性があると、iCloudキーチェーンからユーザーに警告通知が送られてくるので安心だ。そこで今回は、iCloudキーチェーンの設定方法や警告通知が来たときの確認と対処方法について解説したいと思う。

 とはいえ、iPhoneユーザー自身がセキュリティの脆弱なWebサイトでIDやパスワードを入力したり、フィッシング詐欺などに遭ってしまうと、アカウントやパスワードが漏洩してしまう可能性がある。実際にフィッシング詐欺に遭うとどんな恐ろしい目に遭うかは→こちらで確認してほしい。

iPhoneに保存したアカウントやパスワードは、iCloudキーチェーンによって保存&管理されている。もし、パスワードが漏洩すれば、iCloudキーチェーンから警告通知が来る

iCloudキーチェーンが有効になっているか確認してみよう!

 自分のiPhoneに入力したアカウントやパスワードを保存&管理してくれる便利なiCloudキーチェーン。だが、iCloudキーチェーンが有効になっているか確認するにはどうすればいいのだろうか?

 iCloudキーチェーンの設定を確認するには、まずiPhoneの「設定」から「AppleID(自分の名前)」をタップして、「iCloud」→「キーチェーン」を開こう。「iCloudキーチェーン」がオンになっていればOKだ。また、iCloudキーチェーンではクレジットカードの情報も保存できる。こちらは、設定から「Safari」を選択し「自動入力」を開いたら、「クレジットカード」の項目をオンにしよう。もし、過去にクレカを登録している場合は、「保存済みクレジットカード」をタップして内容を確認したり変更することができる。

まず、iPhoneの設定を開き自分のApple ID(名前部分)をタップ(左写真)、次に「iCloud」を選択しよう(右写真)

iCloudのなかから「キーチェーン」をタップ(左写真)。「iCloudキーチェーン」がオフになっていたら、「オン」にしておこう(右写真)

クレカ情報の登録を有効にするには、まず設定から「Safari」を選択(左写真)、次に「自動入力」をタップしよう(右写真)

「クレジットカード」の項目をオンにすればOKだ。もし、現在の登録状況を確認したい場合は「保存済みクレジットカード」をタップすればいい

iPhoneで入力したアカウントやパスワードが漏洩していないか確認する方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiCloudキーチェーンiPhoneパスワードハッキングフィッシング詐欺個人情報情報漏洩脆弱性】の最新ニュースをいち早くお届けします。