iPhoneで入力したアカウントやパスワードが漏洩していないか確認する方法

iCloudキーチェーンで保存されたパスワードを確認する方法

 iCloudキーチェーンを有効にすれば、万一、パスワードが漏洩したときに警告通知が届くようになっている。だが、警告通知がなくてもたまには自分のアカウントとパスワードの状態がどうなっているか確認したほうがよい。

 iPhoneの「設定」から「パスワード」を選択すると、iPhoneに保存されているアカウント一覧が表示されるので、目的のものをタップするとパスワードの状態が確認できる。たとえば、「再利用されたパスワード」とあれば、ほかのアカウントでも同じものが使用されているので、どれかひとつ漏洩すると一気にハッキングされる恐れがある。そんなときは「Webサイトのパスワードを変更」をタップして、ほかで使っていないものに変更しておこう。

iPhoneに保存されているIDやパスワードを確認したいときは、「設定」の「パスワード」をタップ(左写真)。ここで過去に保存されたアカウントやパスワードを確認できる(左写真)

「再利用されたパスワード」は、ほかのWebサイトでも使われていることを警告するもの。パスワードの使い回しは危険なので「Webサイトのパスワードを変更」をタップして違うものに変更しよう

もし、警告通知が届いたらどうすればいい?

 もし、iPhoneで入力したことのあるパスワードが漏洩した恐れがあると、「侵害されたパスワード」という警告通知が届く。誰しも、このような通知が来たらビックリすると思うが、必ずしも「警告通知=ハッキングされた」わけではない。パスワードが脆弱な状態であることをアナタに警告しているだけの場合もある。

 この警告通知が来たら、「設定」の「パスワード」から「セキュリティに関する勧告」を開いてみよう。すると、パスワードが脆弱であるアカウント一覧が表示されるはずだ。このパスワードの脆弱な状態を解決するには、パスワードをもっと安全なものに変更すればいい。ちなみに、セキュリティに関する勧告ページでは「侵害されたパスワードを検出」という項目があるので、ここをオンにしておいたほうが安心だろう。

「設定」→「パスワード」を開き、「セキュリティに関する勧告」をタップ(左写真)。リストにあるアカウントを開く(右写真)。ちなみに、このページで「侵害されたパスワードを検出」がオンになっていることを確認しよう

とくに「データ漏洩で検出」と表示されているものはヤバい(左写真)。今すぐ「Webサイトのパスワードを変更」でパスワードを変更しよう(右写真)

 いかがだろうか? iCloudキーチェーンを利用すれば、いちいちアカウントやパスワードを調べなくていいし、万一、パスワードが漏洩しても警告通知してもらえるので安心だ。iPhoneを安全に使いたいなら必ずiCloudキーチェーンをオンにしておこう。

●Aplle「iCloud キーチェーンを設定する」(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:Yalcin Sonat / Shutterstock.com

文=小沢陽子/編集・ライター

iPhoneで入力したアカウントやパスワードが漏洩していないか確認する方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiCloudキーチェーンiPhoneパスワードハッキングフィッシング詐欺個人情報情報漏洩脆弱性】の最新ニュースをいち早くお届けします。