「iPhoneの電源がつかない時」の6つの対処法と主な原因

「ついさっきまでiPhoneが使えていたのに、急に電源がつかない!」「lineや電話もできなくなってしまい、通信手段がとぎれてしまった。」

このような状況で、家族や友達と急に連絡がとれなくなったら困りますよね。
早く復旧させたいと焦る気持ちはわかりますが、間違った操作をするとiPhoneが完全に故障するリスクがあり危険です。

今回は、iPhoneの電源がつかなくなった時に、把握しておいた方がいい対処方法と原因を紹介していきます。

「修理に出すしかない」と諦めるまえに、この記事にあるiPhoneの電源がつかない時の対処法を試してみてください。iPhoneに、あまり詳しくなくても実践できる内容になっています。

iPhoneの電源がつかない時の6つの対処法

ここからは、iPhoneの電源がつかない時の対処法を、こちらの6つに分けて紹介していきます。

●iPhoneを水没させた時はまず乾かす
●画面が黒くなっているだけなのかを確認
●1時間ぐらい充電をする
●iPhoneを強制終了して再起動をおこなう
●iPhoneを冷ましてみる
●iTunesの入ったパソコンに繋ぎ、iPhoneを初期化

iPhoneを水没させた時はまず乾かす

iPhoneを水没させた時は、スマホカバーを外して、乾いたタオルで水分を拭き取ります。

その後、simカードも外して陰干しします。袋にiPhoneと乾燥剤を入れて、1日放っておくのもおすすめです。

ここまでして電源が入ればokです。もし、入らなければ修理が必要になります。
iPhoneを水没させてしまった時に、やってはいけないことが2つありますので説明します。

やってはいけないこと:電源を入れてはいけない

なぜならショートを起こして、iPhone本体が故障する可能性があるからです。

やってはいけないこと:本体を振らない

理由は、iPhoneの中の水が基板を濡らして、故障の原因になるからです。

画面が黒くなっているだけなのかを確認

(Image:hurricanehank / Shutterstock.com)

画面が黒くなっている状態をブラックアウト状態といいます。
ブラックアウト状態になっている時は、音がでたりバイブが鳴ったりします。

なので、「電源がついていない」を疑うまえに、音がでるかをためしてみて、ブラックアウト状態であるかを確認します。もし、ブラックアウト状態であるならば、再起動してみましょう。

再起動しても、またすぐにブラックアウト状態になるのなら、いらないアプリを消すなどしてiPhoneのストレージ容量を空けてみてください。

1時間ぐらい充電をする

そもそも充電が切れていないかを確認して、1時間ぐらい充電してみます。充電ケーブルを接続して充電中のマークがつかなければ、充電ケーブルの断線を疑い、別の充電器でためしてみてください。

iPhoneを強制終了して再起動をおこなう

iPhoneの機種によって、方法が違うので確認して試してみてください。強制終了は、以下の手順に沿って行ってみてください。

【強制終了の方法】

●iPhone 7以前の機種の場合は、「電源ボタンとホームボタンを同時に10秒長押し」
●iPhone 8以降の機種の場合は、「音量上ボタン押してすぐ離す→音量下ボタン押してすぐ離す→電源ボタン長押し→再起動されればOK(アップルのロゴが表示される)」

iPhoneを冷ましてみる

iPhoneは、夏の暑い日にiPhoneカバーをつけていると、熱がこもって熱くなりがちです。
また、重たいアプリなどを長い時間、使用していてもiPhone本体は熱くなります。

熱がこもりすぎたら電源が落ちることがあるので、扇風機の風を直接あてるなどしてiPhoneを冷ましましょう。

よく冷えるからといって、冷蔵庫に入れて冷やすのは、故障の原因になるのでおすすめしません。

iTunesの入ったパソコンに繋ぎ、iPhoneを初期化

iTunesがインストールされたパソコンでiPhoneを初期化します。
※リカバリーモードといい、アップルサポートでも推奨されています。

初期化の際にデータが消えるといけないので、事前にバックアップをとっておくのがおすすめです

リカバリーモード初期手順【iPhone 7|iPhone 7 plusの場合】

① リカバリーモード画面が表示される
② 音量下ボタンと電源ボタンを長押し
③ アップルのロゴが表示される

リカバリーモード初期手順【iPhone 8以降の場合】

① パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続
② 音量上ボタン押してすぐ離す
③ 音量下ボタン押してすぐ離す
④ 電源ボタン長押し
⑤ アップルのロゴが表示される

リカバリーモード初期手順後の共通手順

① 画面の案内にしたがって、機種、モデル、OSのバージョンを選ぶ
② 「ダウンロード」をクリック
③ 「いますぐ修復」をクリック

電源がつかないiPhoneの修理が必要なケース

iPhoneの電源がつかない時は、自分でなおせるケースもあるのですが、複雑な症状になると修理にださないと改善しないケースもあります。

この章ではiPhoneの修理が必要なケースを3つ紹介していきます。

対処法をためしても、iPhoneの電源が入らない

●水没時のiPhoneの陰干し
●1時間以上のiPhoneの充電
●iPhoneにこもった熱の冷却
●再起動
●強制終了

などの操作を試みても改善しない場合は修理が必要です。自分で無茶な修復はしないで、アップルストアに修理にだすことをおすすめします。

iPhoneバッテリーの寿命切れ

(Image:Poravute Siriphiroon / Shutterstock.com)

バッテリーの寿命切れは、自分ではなおしようがないです。使用を重ねるごとにバッテリiPhoneーは劣化していきます。

すぐに充電が切れるようになったり、充電時間が長くなったりしてきたら、バッテリーを交換しましょう。期間でいうと目安は3年で、充電回数でいうと500回です。

iPhoneにはバッテリー劣化を確認する方法もあるので、普段から確認しおくと良いでしょう。

iPhoneバッテリー確認方法

この手順でクリックしていくとバッテリーの状態を確認することができます。

① 設定
② バッテリー
③ バッテリーの状態
④ ピークパフォーマンス性能

バッテリーがある場合は、「お使いのバッテリーは現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています」と表示されます。

反対に、バッテリーが劣化している場合は、「このiPhoneで必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました」と表示されます。

バッテリー劣化のメッセージが表示された場合は、早めにアップルサポートか正規店に行くことをおすすめします。

iPhone本体に破損が見られる

iPhoneを落としたり、圧がかかったりすると液晶画面や内部の破損、本体湾曲につながります。
外見はどうもなくても、内部が破損してしまうと部品を交換しないと動かないので、修理にださざるをえません。

湾曲して本体内部が破損してしまったら、アップルサポートに修理にだしましょう。

iPhoneは衝撃に非常に弱いです。落としたときのためにiPhoneケースにいれるか、落とさないようにスマホリングを使うことをおすすめします。

「iPhoneの電源がつかない時」の6つの対処法と主な原因のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone電源つかない】の最新ニュースをいち早くお届けします。