パソコンから「iPhoneへ写真・動画を転送」する方法! 注意点は?

パソコンに保存してある写真/動画を、iPhoneへ転送したいと思ったことはないだろうか。パソコンからiPhoneへ写真/動画を転送することによって、様々なメリットがある。そこで今回は、パソコンからiPhoneへ写真/動画を転送する方法や注意点について解説していく。

パソコンからiPhoneへ写真/動画を転送するメリットは?

パソコンからiPhoneへ写真/動画データを転送するメリットについて解説していく。

【メリット①】いつでもすぐに閲覧することができる

パソコンからiPhoneへ写真/動画データを転送するメリット①は、いつでもすぐにデータを確認できることだ。iPhoneに写真/動画データが保存されていれば、外出先であってもどこでもデータを確認できる。iPhoneであれば持ち歩いていることが多いため、友だちと写真/動画データを確認・閲覧したい場合であっても、すぐに写真/動画データを出すことができる。

【メリット②】SNSへのアップロードが簡単にできる

パソコンからiPhoneへ写真/動画データを転送するメリット②は、SNSへのアップロードが簡単にできることだ。SNSにアップロードするときには、iPhoneに写真/動画データがあった方が便利だ。また、iPhoneに写真/動画データがあれば、外出先であってもSNSに投稿したいと思ったときにすぐにアップロードできる。

【メリット③】友だちとの共有も簡単にできる

パソコンからiPhoneへ写真/動画データを転送するメリット③は、友だちとの共有も簡単にできることだ。友だちと写真/動画データを共有したい場合、パソコンだとどうしても時間がかかってしまう。しかし、iPhoneに写真/動画データがあればすぐにデータの共有ができる。また、iPhone同士であればAirDrop機能を利用することで、簡単に写真/動画データを送信できる。

パソコンからiPhoneへ写真/動画を転送する方法

ここまでは、パソコンからiPhoneへ写真/動画を転送するメリットについて解説した。そしてここからは、実際にパソコンからiPhoneへ写真/動画を転送する方法について解説していく。

【方法①】iCloudを利用する

パソコンからiPhoneへ写真/動画を転送する方法は、iCloudを利用することだ。iCloudとは、Appleが提供しているクラウドサービスになっており、クラウド上に写真/動画データを保存できるものだ。そして、iCloudは5GBまでは、無料でデータの保存ができるようになっている。

また、iCloudを利用するためにはApple IDでiCloudへサインインしなければいけない。iCloudにサインインすることで、iCloud上に保存した写真/動画データをiPhoneで確認できるのだ。では、iCloudを利用してパソコンからiPhoneへ写真/動画を転送する方法について紹介していく。まずは、iPhoneへ転送する写真/動画データをフォルダにまとめていく。

パソコンで「エクスプローラー」を開いたら「ピクチャ」→「新しいフォルダー」をクリックする。そうすると、新規でフォルダーが作成されるので分かりやすい「名前」を設定する。そして、作成したフォルダーにiPhoneへ転送したい写真/動画データを保存する

パソコンで「Windows用iCloud」をダウンロードし、エクスプローラーを開く。次に、「iCloud Drive」を選択し、新規で「フォルダー」を作成する。そして、先ほどピクチャに作成したフォルダの中に保存してある写真/動画データを、iCloud Driveに作成したフォルダーへドラッグ&ドロップする

そうすれば、iCloudを利用してパソコンに保存してある写真/動画データをiPhoneへ転送・確認できる。

【方法②】iTunesを利用する

パソコンからiPhoneへ写真/動画を転送する方法は、iTunesを利用することだ。iTunesとは、Appleが提供している無料のソフトだ。iTunesでは、音楽・ビデオを再生・管理することができる。

また、Apple Musicで音楽の再生・ダウンロードもできるようになっている。そんなiTunesでは、パソコンとiPhoneを接続することで、パソコンに保存してある写真/動画データをiPhoneへ転送・確認することが可能になっている。では、iTunesを利用してパソコンからiPhoneへ写真/動画を転送する方法について紹介していく。

まずは、iPhoneへ転送する写真/動画データをフォルダにまとめていく。パソコンで「エクスプローラー」を開いたら「ピクチャ」→「新しいフォルダー」をクリックする。そうすると、新規でフォルダーが作成されるので分かりやすい「名前」を設定する。そして、作成したフォルダーにiPhoneへ転送したい写真/動画データを保存する。

次に、パソコンにiTunesをインストールする。iTunesがインストールできたら、iTunesを起動し、「パソコン」と「iPhone」をUSBケーブルで接続する。そうすると、iTunesの画面左上にiPhoneマークが出てくるので、「iPhoneマーク」をクリックする。

「写真」をクリックし、iTunesの画面右側にある「写真を同期」にチェックを入れて、「選択したフォルダー」にもチェックを入れる。そして、先ほど作成した「フォルダー」を選択して、「適用」をクリックする

そうすれば、iTunesを利用してパソコンに保存してある写真/動画データをiPhoneへ転送・確認できる。

【方法③】その他の方法で転送する

パソコンからiPhoneへ写真/動画を転送する方法には、iCloudやiTunesを利用する方法がある。しかし、どちらの方法も利用できないという場合もあるだろう。そこでここでは、iCloudやiTunes以外で転送する方法についていくつか紹介していく。

まず1つ目は、iPhoneとパソコンどちらでも利用できるUSBを利用する方法だ。USBの中には、iPhoneでも利用できるUSBがある。このUSBであれば、USBにパソコンの写真/動画データを保存し、iPhoneへ転送することができる。

2つ目は、メールを利用する方法だ。パソコンから新規でメールを作成し、転送したい写真/動画を添付してiPhoneへ送信する。そうすれば、メールに添付された写真/動画をiPhoneで保存・確認できる。

3つ目は、Googleドライブを利用する方法だ。Googleドライブに写真/動画を保存したら、iPhoneでGoogleドライブアプリをインストールする。そして、Googleドライブアプリを起動し、アプリから写真/動画を保存・確認できる。

4つ目は、Dropboxを利用することだ。Dropboxとは、写真/動画データを保存・共有できるアプリになっている。そして、パソコンでDropboxに写真/動画を保存したら、iPhoneでDropboxブアプリをインストールする。そして、iPhoneでDropboxアプリを起動し、アプリから写真/動画を保存・確認できる。

5つ目は、LINEアプリを利用することだ。LINEでは、スマホだけではなく、パソコンでも利用できるようになっている。そのため、パソコンのLINEで自分だけのグループを作成すれば、iPhoneへ写真/動画データを転送できる。

パソコンを利用してiPhoneへ写真/動画を転送する方法は、パソコン版LINEを起動し「トーク」→「友だち」をクリックする

そして画面右下にある「+」→「グループ」をクリックする。次の画面で、LINEグループに招待する友だちを選択する画面が表示されるが、そのまま「次へ」をクリックする

そして、グループのプロフィール設定の画面が表示されるので、「グループ名」を入力して、「作成」をクリックする

そうすると、上の画面のように自分だけのグループを作成できる。そのまま、「トーク画面」を開いて「転送したい写真/動画データ」を送信する

そうすれば、LINEアプリからiPhoneへ写真/動画を保存・確認できる。

パソコンから「iPhoneへ写真・動画を転送」する方法! 注意点は?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiCloudiPhoneiTunesLINEパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。