「利用通知」が届くクレカなら不正利用を見抜ける!「楽天カード」や「三井住友カード」などおすすめのカードを紹介

近年、クレジットカードの不正利用が増加しているという。その被害規模は2020年の1年間だけで251億円にも上る。そこで最近は、ユーザーがクレカの不正利用にいち早く気がつくように、クレカを利用するとメールなどで利用通知が届くようになっているのをご存じだろうか? これなら、身に覚えのない利用があればすぐに分かるので、安心してクレカを利用できるはずだ。そこで今回は、利用通知サービスがある安心なクレカを紹介するとともに、その設定方法も解説したいと思う。

クレカの不正利用被害はなんと年間251億円超!

 アナタは普段の買い物でクレジットカード(以下クレカ)を利用しているだろうか? 近年、スマホ決済が普及してきたとはいえ、クレカは月末にまとめて後払いができるし、ネットショッピングの決済には今でもクレカを使っているという人も多いだろう。もちろん、クレカには海外旅行保険やショッピング保険、コンシェルジュサービスなど、スマホ決済にはないお得なサービスもあり、できるビジネスパーソンなら、ステータスとしてゴールドやプラチナカードなどを所持しているかもしれない。

 そんな身近で便利なクレカだが、一般社団法人日本クレジット協会の「四半期調査:クレジットカード不正利用被害額調査」によると、2015年の被害額は120.9億円だったのに対し2020年の被害額は251億円と、ここ5年で急激に増加している。もちろん、クレカなら万一不正利用されても補償されることが多いので、さほど神経質にならなくてもよいが、自分のクレカが誰かに勝手に使われてしまうのは気分が良くないだろう。

 そんなときは、メールで利用通知がすぐに届くクレカが安心だ。もし、身に覚えのない利用があった場合は、すぐにクレカ会社に連絡して被害を食い止めることができる。そこで今回は、利用通知が設定できる安心なクレカ会社と、その設定方法を解説しよう。

メールで利用通知が届くクレカなら、不正利用を防止できて、安心して買い物ができるだろう

「楽天カード」なら速報版で翌日には利用通知が届く!

(Image:rakuten-card.co.jp)

 会員数2,100万人以上という 大人気の「楽天カード」は「カード利用お知らせメール」と「【速報版】カード利用お知らせメール」の2種類が利用できる。とくに【速報版】は決済の翌日には登録したメールに、クレカ利用内容が通知されるので、万一身に覚えのない買い物があればすぐに分かるはずだ。ちなみに【速報版】では、500円未満の利用についてはメール通知されないので、コンビニでジュースを買ったくらいでいちいち利用通知メールが来ないのがありがたい。

 楽天カードの 「カード利用お知らせメール」を設定するには、まず「楽天e-NAVI」にログインして、メニューの「あんしんサービス(セキュリティ)」から「カード利用お知らせメール」をクリックする。次の画面では「カード利用お知らせメール」と「【速報版】カード利用お知らせメール」が設定できるので、スマホで受信できるメルアドを登録すればOKだ。これで、「カード利用お知らせメール」は最短で2日後、「【速報版】カード利用お知らせメール」なら最短で翌日にメールが送られてくる。

楽天カードは、クレカの利用があると翌日には「【速報版】カード利用のお知らせ」がメールで届く。金額が確認できるので、巨額の不正利用ならすぐに判断できるだろう

スマホで「楽天e-NAVI」にログインして、画面左上の「メニュー」をタップ(左写真)。次に「あんしんサービス(セキュリティ)」を選択しよう(右写真)

「カード利用お知らせメール」を選択したら(左写真)、「カード利用お知らせメール」と「【速報版】カード利用お知らせメール」を“受信する”に設定し、メルアドを登録する(右写真)

「利用通知」が届くクレカなら不正利用を見抜ける!「楽天カード」や「三井住友カード」などおすすめのカードを紹介のページです。オトナライフは、【マネーVisa LINE Payエポスカードクレカ三井住友カード利用通知楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。