「LINEチケット」の使い方は? メリット・注意点は?

LINEにはアプリ上でスポーツやコンサートのチケットを購入できるLINEチケットというサービスがある。この記事では、LINEチケットのLINEの友だちへの分配機能やリセール機能などの特徴や購入方法、利用する上での注意点などの使い方について詳しく解説する。

「LINEチケット」の特徴やメリット6つ

(Image:ticket.line.me)

LINEには多くのサービスがあるが、プロスポーツの試合やコンサートや舞台などの公演のチケットが購入できるLINEチケットというサービスもある。チケット販売サービスは他にもある中で、LINEチケットの特徴とメリットについてまずは見ておこう。

【特徴①】LINEを利用していれば会員登録不要

LINEチケットを利用するメリットは、LINEアプリを利用していればチケットを購入するための会員登録は不要である点である。LINEアプリを利用するための電話番号認証で本人確認ができているため、チケット購入のための住所やメールアドレスの登録は不要である。購入のときに氏名の登録以外の登録は特に必要ない点は、手間を省けるメリットだろう。

【特徴②】取り扱いは電子チケットのみ

LINEチケットの特徴は、電子チケットのみを扱っているという点である。他のチケット販売サービスでは、電子チケットだけではなく紙のチケットも選べる場合もあるが、LINEチケットではスマホで表示する電子チケットだけ受け取りできる。スマホだけで紙のチケットがなくて便利だという人にとってはメリットであるが、紙のチケットの半券を手元に残しておきたいという人にはデメリットだろう。

【特徴③】チケット分配機能がある

LINEチケットにはLINEの友だちにチケットを譲ることができるチケット分配機能もある。自分が行けなくなってしまった試合やコンサートのチケットを友だちに分配機能で譲ることもできるし、チケットを2枚購入して誘いたい友だちを誘うこともできる。

LINEで繋がっている友だちにチケットを分配できる機能は、LINEならではの特徴を生かした大きなメリットだろう。

【特徴④】チケットを再販売できるリセール機能がある

チケットを購入したけれども、用事が入って行けなくなった場合には、チケットをLINEチケットの機能を使って再販売できるリセール機能がある。リセール機能が使えるのは、リセール機能対象の試合や公演だけだが、もしも急用で行けなくなったのに、分配機能で譲れる友だちも見つからないときには、チケットを無駄にせずに済む点は大きなメリットだろう。

【特徴⑤】クレジットカードやコンビニなど決済方法が選べる

LINEチケットのメリットは、決済方法が3種類から選べる点である。LINEチケットの決済方法は次の3つから選ぶことができる。

●LINE Pay
●クレジットカード
●コンビニ払い

LINEチケットだけでも3種類の決済方法を選択できる上に、LINE Payを選択すれば銀行口座やATMでのチャージなどさらに入金方法の選択肢が増やせる。多様な決済方法を選択できる点もLINEチケットの特徴である。

【特徴⑥】分からないことはトークから質問できる

LINEチケットを利用するためには、LINEチケットの公式アカウントと友だちになる必要がある。LINEチケットとのトークルームでは、購入したチケットのダウンロードなどだけではなく、質問もできる。

トークルームで質問を入力すると答えてくれる

他のチケット販売サービスでは問い合わせ窓口に電話がつながらないなどのデメリットが多い。LINEチケットなら、LINEならではの特徴的な機能で質問がしやすいという点は大きなメリットだろう。

「LINEチケット」の使い方は? メリット・注意点は?のページです。オトナライフは、【SNSLINELINEチケット】の最新ニュースをいち早くお届けします。