サムスンが「iPhone 13を痛烈dis」も、過去の恥ずかしいツイートも掘り起こされる事態で裏目に

思わぬところでサムスンが批判を浴びている。日本時間の9月15日、アップルが「iPhone 13」シリーズを含めた新製品発表イベントを行っていた際、サムスン米国法人が、なんと公式ツイッターアカウントで、アップルをディスるツイートを堂々と連発していたからである。

案の定、一連のツイートには批判が殺到!さらに過去の黒歴史(?)まで掘り起こされ話題となる事態に発展している。

サムスンの焦り?それとも担当者の独断?止まらないアップルdisツイート

(Image:Zhuravlev Andrey / Shutterstock.com)

サムスンはアップルを強烈にライバル視している感じがするが、アップル側は?

 サムスンはお家芸ともいえる有機EL技術を生かし、“折りたたみ”式のスマートフォンを数年前から開発・販売してきた。その技術は素直に素晴らしいが、イベントでアップルが「iPad mini(第6世代)」を発表しているときに「それを半分に折ることができたら、どれほどクールだっただろうか」とツイートしている。

 サムスンの皮肉はまだまだ止まらない。iPhone初のリフレッシュレート120Hzを実現した「iPhone 13 Pro」に対しては、「私たちはしばらく前から120Hzだよ…」、イベント終了直後には、「2021年にまだノッチが存在することを想像してみろよ」と、iPhone 13シリーズのノッチ部分を小ばかにしたツイートを、なんとご丁寧に自社の「Galaxy Z Fold3 5G」のハッシュタグまでつけて呟いているのである。

 案の定、アメリカのツイッターユーザーからは批判が殺到!よほどiPhoneファンの怒りを買ったのか、サムスン米国法人が過去にツイートしてしまった恥ずかしいツイートまで掘り起こされてしまったのである。

サムスンが「iPhone 13を痛烈dis」も、過去の恥ずかしいツイートも掘り起こされる事態で裏目にのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhone 13SAMSUNGsnTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。