iPhone SE(第2世代)256GBモデルが姿を消した、古典的手法でもSE流れを阻止したいアップルの理由とは

今やアップルの話題といえば、つい先日発表された「iPhone 13」シリーズをはじめとした新製品に集中しているが、その陰でひっそりと消えていたものがあることにiPhoneユーザーは気づいているだろうか?

それは「iPhone SE(第2世代)」の256GBモデルである。なぜ256GBモデルだけ?と疑問に感じるが、これが実はネットでは「『iPhone 13 mini』の販売促進のためではないか?」とささやかれているのである。天下のアップルがわりとクラシカルな手法を使うんだな、と思ってしまったが、それには「iPhone 12」の売れ行きが影響していると言われている。

iPhone 12 miniの売れ行きが芳しくなく、その“失敗”を繰り返さないためか

売上が絶望的な数字だったiPhone 12 mini。アップルとしては“SE流れ”を阻止したい?

 2021年9月21日Apple Storeオンラインを確認してみると、確かにiPhone SE(第2世代)は64GBと128GBのみの表示しかなく、256GBモデルは販売終了していた。この販売終了には、「iPhone 12 mini」の売れ行きが影響しているのではないかと指摘されている。

 実はiPhone 12 miniは以前からiPhone 12シリーズの中で唯一売上が伸び悩んでいたことが常々伝えられており、2021年前半には早々に「iPhone 12 miniが生産停止になる」という予測すら飛び交っていたのだ。その影響は小さくなかったようで、一部有識者のなかには「今後アップルでは、小型のiPhoneは作られないのでは」という指摘をする人もいるほどだった。

 今回iPhone SEの256GBモデルが販売終了となったのは、iPhone 13 miniとiPhone SEが競合になるのを防ぐため、つまりiPhone 13 miniの販売を促進するためであるという見方もある。当然だが、iPhone 13 miniのほうが端末価格は高い。この“SE流れ”ともいうべき事態を阻止することで、アップルの収益に少なからず良い影響を及ぼすことだろう。

iPhone SE(第2世代)256GBモデルが姿を消した、古典的手法でもSE流れを阻止したいアップルの理由とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhone 12 miniiPhone 13iPhone SE】の最新ニュースをいち早くお届けします。