iPhone SE(第2世代)256GBモデルが姿を消した、古典的手法でもSE流れを阻止したいアップルの理由とは

2022年には、5G搭載の第3世代iPhone SEが登場するというウワサも!

「大きくて重い」よりも「軽くて小さい」iPhoneへの支持は依然として根強い

 もう小型iPhoneは先細りか、と評されていたが、9月に発表されたiPhone 13シリーズではひとまずiPhone 13 miniも発表され、「軽くて小さい」iPhoneを希望する人は、ホッとしていることだろう。

 しかしminiは決して価格はハッキリ言って“mini”ではない。SEシリーズは128GBモデルでも55,800円だが、miniだと同じメモリで86,800円になる。もちろん、さまざまな機能が強化され、進化している部分も大きいが、我々の財布にとって30,000円の差はわりと大きな違いになる。しかも動画や写真、ゲームなどさまざまなエンターテインメントを楽しむツールにもなっているiPhone。128GBモデルを購入するという人よりも、256GB、512GBのどちらかという選択肢になることが多いことを考えると、その差額はもっと大きくなる。

 今後のSEシリーズについてはどうなるのだろうか。2022年前半には5G対応のiPhone SE(第三世代)が発売されると予測する説もあるが……?そもそもSEはiPhoneの廉価版として登場した。軽さやサイズだけでなく、お手頃価格も死守していただきたいものである。

参照元:第2世代iPhone SEから256GBモデルがひっそりと消え去る、iPhone 13 miniの販売促進が目的か 【GIGAZINE

※サムネイル画像(Image:FOXARTBOX / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhone SE(第2世代)256GBモデルが姿を消した、古典的手法でもSE流れを阻止したいアップルの理由とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhone 12 miniiPhone 13iPhone SE】の最新ニュースをいち早くお届けします。