iPhoneに「Bluetooth接続しているのに音が出ない」ときの原因と解消法

iPhoneにBluetoothを設定しているのに音がでない時の対処法

(Image:goffkein.pro / Shutterstock.com)

もし、iPhoneやイヤホンの不具合が原因であれば買い替えや交換・修理が必要になりますが、自分で簡単に解消できるケースも多いので、ぜひこれから紹介する方法をお試しください。

音量・マナーモード設定を確認する

初歩的なことですが、意外とうっかりミスでiPhoneにBluetooth接続しているのに音が出ないということもあります。音量が0になっていないか、マナーモード機能がイヤホンにも適応されていないか設定を確認しましょう。

バックグラウンドで立ち上がっているアプリを閉じる

iPhoneの動作不良から、Bluetooth接続していても音が出ないこともあります。特にバックグラウンドで多くのアプリが起動しているときは、動作不良をおこしやすいです。バックグラウンドで起動しているアプリを終了して、イヤホンを再接続していてください。

Bluetoothの再接続をする

iPhoneは精密機器ですので、本体内部が正常に起動しないこともあります。少し時間を置いてからの再接続で改善することも珍しくはありません。

1.「設定」を開く
2.「Bluetooth」を選択
3.「i」ボタンを選択
4.Bluetoothイヤホンの設定画面が表示される
5.「このデバイスの登録を解除」を選択
6.一度、接続を解除してBluetoothイヤホンをペアリングモードにする
7.スマホのBluetooth設定画面にBluetoothイヤホンが表示されるので機器を選択する
8.「接続済み」と表示されると接続完了

iPhoneを再起動する

(Image:Niko Natsuki / Shutterstock.com)

iPhoneが一時的にフリーズしていることで、音が出なくなっていることもあります。この原因を解消する最善策は、iPhoneの再起動です。

iPhone X 以降の機種は、「音量ボタン」と「スリープボタン」の2箇所を同時に長押しすることで再起動されます。

iPhone 7 / 7 Plus以前の機種は、「右側部のスリープボタン」の長押しで再起動できますので、一度再起動してから、再接続をしてみてください。

iPhoneを初期化する

最終手段になりますが、再起動しても再接続しても音が出ない場合は、iPhoneを初期化して原因を探りましょう。もちろんiPhoneの初期化はリスクを伴います。バックアップは絶対に取っておかないといけませんし、時間も必要です。

時間をかけてデータ損失のリスクをおっても改善されないことはありますが、しっかりバックアップが取れている状態で、初期化を試してもいいという場合は初期化という方法もありますので一つの改善方法として片隅に入れておいてもいいでしょう。

iPhoneとBluetooth接続しているのに音が出ないときは改善方法を試してみよう

(Image:goffkein.pro / Shutterstock.com)

iPhoneにBluetooth接続しているのに、音が出ないトラブルは珍しいトラブルではありません。実際に何度も同じトラブルに遭う方もいます。

起こりやすいトラブルだからこそ、考えられる原因や必要な改善方法を知っておきましょう。iPhoneやイヤホンに原因があるのに、試行錯誤して時間を割くのもストレスになりますからね。

iPhoneにBluetooth接続しているのに音が出ないは原因を探り、適切な改善方法を取り入れましょう。

※サムネイル画像(Image:A. Aleksandravicius / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhoneに「Bluetooth接続しているのに音が出ない」ときの原因と解消法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidBluetoothiPhoneイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。