正社員「初年度年収」業種別ランキング、3位不動産・建築系、2位IT・通信系、堂々1位は?

近年増加の一途を辿っている転職者数。2020年はコロナ禍による雇用状況の悪化から大きく減少したものの、転職希望者数は引き続き増えているという。働き方が大きく変化した流れのなかで、キャリアの見直しを考える人も多いようだ。ただ、転職を考えたときに、年収が増えるのか減るのかは当然誰もが気になるところだろう。

そこで今回は、株式会社マイナビが行なった2021年8月の「正社員の平均初年度年収推移レポート」から、業種別の年収ランキングを紹介しよう。

人材不足が深刻な業界は、初年度平均年収が高い?

令和元年の政府の統計によると、日本人の平均年収は436万円となっている

株式会社マイナビは、運営する転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載された求人情報から、2021年8月度の全国の正社員の平均初年度年収推移を調査、その結果を発表した。その発表によると、8月の全国平均初年度年収は、454.3万円だったことが分かった。前年同月からは1.5万円増加したという。ちなみに本社所在地エリア別で見てみると、高い順に「関東」が468.4万円、「東海」445.8万円、「関西」438.5万円だった。

では、業種別ではどうだろうか。どんな業種が最も初年度の年収が高いのだろうか。3位から順に紹介する。

初年度平均年収が高い業種、第3位は「不動産・建築・設備」で490.4万円。コロナ以前より慢性的な人材不足が続く業界だけに、雇用に力を入れ人材確保を目指す企業も多い。ちなみに未経験者の平均は460.5万円、経験者は535.5万円となっている。

続いて第2位は、「IT・通信・インターネット」業界で501.4万円。建築業界同様、IT業界も需要に対し技術者の不足が恒常的に続いている。政府の試算によれば2030年には約79万人ものIT人材が不足するともいわれている。経験の有無を問わず、多くの人材が求められている業界といえるだろう。未経験者の初年度平均年収は461.4万円、経験者は533.6万円だった。

正社員「初年度年収」業種別ランキング、3位不動産・建築系、2位IT・通信系、堂々1位は?のページです。オトナライフは、【マネーランキング平均年収】の最新ニュースをいち早くお届けします。