絶対「入社をやめたほうがいいヤバイ会社」にある8つの共通点とは

新卒で就職を考えるとき、そしてキャリアアップなどのために転職を考えるとき。仕事内容や提示されているさまざまな条件よりも、ある意味一番気になるのが“ヤバイ会社じゃないかどうか”ではないだろうか。

アメリカのFast Companyの記事によると、ヤバイ会社、つまり「入社しない方がいい会社」、にはある8つの共通点があるというのである。

危険は入社試験で察知できる。その見分け方をまずは4つ目まで紹介

テレワークできる職種なのに、コロナ禍でもオフィスに社員がフル出勤。これも危険信号のひとつ

 まず1つ目は「意思決定に時間がかかる」。たとえばあなたが入社試験を受けたとき、企業からの返答が長かったとしたら(目安は30日以上)、その会社はリーダーシップをはじめとした何かしらの社内問題を抱えている可能性が。

 2つ目は「人の入れ替わりが激しい」。これは面接ではわかりかねるが、人の入れ替わりが激しい企業は常に募集をかけていることが多い。「この企業ずっと転職サイトに載ってるな」という企業は、すぐ人が辞めてしまう企業であると思ってもいいだろう。アメリカのキャリアの専門家は「そのポジションが空いている理由と期間を確認しよう」と言っているが、これはちょっとハードルが高いアドバイスではある。

 3つ目は「面接官同士の意見が大きく違っている」。面接時は、複数の面接官と話をする場合も多いはずだが、面接官によって話が異なっていたり、矛盾を感じることがあったりするのは会社のチームに明確なビジョンがないことを示唆しているかも。

 4つ目は「柔軟性がない」。コロナ禍で一気に進んだ感のあるテレワークだが、リモートでもできる仕事でありながらオフィスに人があふれている場合は、時代の先を読む力や社員のニーズに対しての柔軟性に欠ける会社といっても過言ではない。前もって「面接のときにオフィスを見てもいいですか?」の一言をおすすめしたい。

絶対「入社をやめたほうがいいヤバイ会社」にある8つの共通点とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス就職転職離職率】の最新ニュースをいち早くお届けします。