JR東日本「通勤路線混雑率」ランキング、2位「横須賀線 武蔵小杉→西大井」混雑した1位は?

突然世界を襲ったコロナ禍もあり、2020年から2021年にかけて様々な分野の企業でテレワークが導入され、通勤者が大幅に減少したことは記憶に新しい。(それでも国の指導する「出勤者7割減」には及んでいないが…)

現在では、たまに電車に乗ってみても「前よりよほど空いてるな」という感想を抱くサラリーマンも多いはずだ。では実際にどれだけの人が減ったのだろうか。

今回は、国土交通省の発表した数字から、JR東日本での主要通勤路線の混雑率ランキングについてお伝えしていきたい。

4・5位には総武線がダブルで登場!

(Image:Takamex / Shutterstock.com)

総武線のイメージカラーは黄色だ

 国土交通省の発表した鉄道の平均混雑率によれば、東京・大阪・名古屋の三大都市圏は東京圏で107%(前年調査163%)大阪圏103%(前年調査126%)名古屋圏104%(前年調査132%)となった。もとの混雑率は大幅に異なるが、現在ではどこの地域も似たり寄ったりの混雑率となっているようだ。ちなみに「混雑率100%」とは、「定員乗車(座席につくか、つり革につかまるか、ドア付近の柱につかまることができる)」状況と定義されている。

 そんな中で、JR東日本の「主要な通勤路線」の混雑率上位を見ていきたい。5位となったのは「総武線快速・新小岩→錦糸町」だ。混雑率は105%。で、2019年に181%を記録したことと比べればかなりの緩和と言っていいだろう。そして第4位には「総武線緩行 錦糸町→両国」が、111%でランクインした。5位にも4位にも絡んでくる錦糸町のインパクトは絶大のようだ。

JR東日本「通勤路線混雑率」ランキング、2位「横須賀線 武蔵小杉→西大井」混雑した1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフJR東日本混雑率通勤電車】の最新ニュースをいち早くお届けします。